千葉県栄町にあるスピリチュアル・ヒーリングルームです。 皆様の日常にスピリチュアルな風を吹き込み、新しい視点からの見方や、気づきを得ていただけたらと思います! 自然いっぱいのラピスの森の空気をお届けします!
2009-09

前日記の続きです

機能してる方の片親からのメッセージとは たとえば
「強くならなければならない」
「勝たなければならない」
「お父さんみたいになっちゃダメ察廚覆鼻

父親が 機能してない場合、だいたい 機能してる母親が こういうメッセージを 子供に 自然な形で 刷り込んでいくよね。


こういうメッセージを 素直に受け取り続けた子供は

社会人になると
頑張りすぎて、自分にない力を 出そうと必死になって〜

潰れます(┳◇┳)。

力を抜くことが、自分で 許せないから。

「反抗期」は ホントに大事な時期なので、お父さんや お母さんは お子さんと しっかり 向き合ってくださいね (o^∀^o)


Posted at 2009年09月26日 14時26分43秒  /  コメント( 0 )

人間の自立と反抗期

ずいぶんと ご無沙汰していまいました。

今日は 日頃から 緊張癖のある人に ちょっとしたヒントを 書こうと思います。

もちろん、スピリチュアルや 哲学、心理学に興味のある人も 読んでみてね!

♪♪♪♪♪♪♪♪♪


自立とは〜、
親が 示してきた人生のスタンスや価値観を受け入れて 進むのではなく、
本来の自分自身の性質を活かし、自分らしい生き方で 人生を進んでいこうと、自分で決意することです。

人は 自分以外の何者にも なれない。

だから〜
人が指し示した生き方を 選択してるうちは その人は輝かない。

人は、自身の本質に生きた時に、輝きだします。

誰の指し示すスタンスや価値観にも左右されず、
自分自身の生き方を 選択する時期とは〜、

普通は 青年時代の親に対する反抗期で〜、
反抗期ってやっぱり 人の成長過程で 必要なことなんだけど、
特に、子供の片親が アル中だったり、離婚などで不在となり、機能してないと、
残された身近な片親を踏み台にするしかないんだよね〜

だけど、子供にとっちゃ、その機能してる方の親に 反抗するってことは、
下手したら 自分は 見捨てられて 一人ぼっちになっちゃうかも〜とか

精神的支えがなくなって、自分が辛いかも〜ってことで

自己防衛のために、反抗期なしで 大人になっちゃう(┳◇┳)

だからね、機能してた片親からのメッセージのとおりの人生を 歩むわけ。

反抗期ってのは
自分の本質を 自分自身に 取り戻す作業。

だから親は、その時
「お前が どんなに 親の私にとって 不都合な子で〜、たとえ偉くなくても 強くなくても、私は お前を 愛してるよ」ってメッセージを 送ることが大事なわけ。

要は「無条件の愛」だよね。

そーしたら 子供は 自然と 他者に「無条件の愛」を注げる子になるし、自尊心をもてるし、普段はリラックスして力を抜きながらも〜必要な時には頑張れる子になるんだ(≧∇≦)。


「自分以上の力を出そうと頑張らなくても、リラックスしてても愛される」って大事なメッセージを親から、貰ったわけだからね。

普段から、緊張することなく、リラックスして、 毎日を 絶対的安心感の中で 生きてけるんだよ(o^∀^o)

ちなみに この話は 別に 片親じゃなくても、十分 通じる話。

日頃から 緊張癖のある人は 振り返ってみてくださいな(o^∀^o)


Posted at 2009年09月26日 13時36分04秒  /  コメント( 0 )