千葉県栄町にあるスピリチュアル・ヒーリングルームです。 皆様の日常にスピリチュアルな風を吹き込み、新しい視点からの見方や、気づきを得ていただけたらと思います! 自然いっぱいのラピスの森の空気をお届けします!
2009-04

手織り・草木染めの服

春になったのもあって〜、近頃 お気に入りなのが 「手織り・草木染めの服」
中には 糸まで 手紡ぎの服もある。
ふわ〜っとしたエネルギーがいい感じ。

太古の昔から、人は糸を紡ぎ、布を織り、草木で染めた物を当たり前のように、身にまとっていたんだよ。

あたしが持ってるこのタイプの服は、ほとんどがネパールのフェアトレードのもの。

消費者が 商品を購入することで、途上国の人達の仕事支援になり、経済的自立がはかれ、そこの子供たちも学校に行ける〜ってシステムね。

実際、途上国の子供たちが学校に行けないのは 家庭が貧困なせいがほとんど〜。

そんなわけで 国際協力しながら、あたしは 手織り・草木染めの服を 身にまとってるわけ。

これを着ると、なんだか フワッとした感じで、服っていうのは 「着るもの」ではなく、「まとうもの(麻十)」なのだということがわかる

素材は 綿や麻の物で 洗濯は手洗い。

「(服を)まとう」は 「麻十」なんだから、麻の服をまとって、天地のエネルギーを繋ぐことなんだ〜ということが わかる。

大地そのものを まとう……
風をまとう……

なんだか そんな感じなの。
思わず、踊り出したくなる!

さてさて、今日は 鶯の声でも聞きながら、庭の花でも 触ろうかな〜 。


Posted at 2009年04月15日 23時22分27秒  /  コメント( 0 )

つくし

自宅のすぐそばで ツクシ採り。

毎春の遊びの1つ。
うちの前には 杉の木のある山があるから、スギナも、ツクシも 生えるんだよね。

ツクシは「スギナの子」だから、ツクシを食べとくと 花粉症の予防になるとか〜

そんなわけで 我が家では 春になると 2回 「ツクシの炒め煮」が 食卓に並びます

なんで 2回かというと 抗原・抗体〜みたいなもんで、インフルエンザの予防注射だって 2回 接種するのと同じって。(科学的根拠までは 知らん)

ツクシ料理が 効いてかどうかは わかんないけど、未だに あたしも娘も 花粉症になったことないよ

ここんとこ連日のツクシの収穫で、もう たべるのに 飽きたから、今日は 母を呼んで、ツクシをビニール1袋プレゼント

そしたら、母から「これも 食べれるんだよ〜」と「ギシギシ(スイバ)」という野草をまた 教えてもらった。

茎の皮を向いて、塩をつけて かじるんだって。ちょっと 酸味があって、かじった瞬間、あたしのDNAに刻まれてる太古の記憶が
「これは食べれるもの」と反応する。

生まれて初めて食べた「鶏肉」の時は
「これは、食べるものじゃなりません」って、ものすごい拒否反応したくせに。

あたしのDNAによれば、鶏肉は 確かに 「食べれるもん」だけど、人間にとっては「食べるもん」じゃないらしいんだ。

話は 戻って〜〜

野草を知ってると、春の野山は 食べ物の宝庫に見えて来る。

あれも これも 食べられるよって。
そんなわけで、いつでも 食べ物に囲まれて〜、なんと あたしは 豊かなんでしょう


Posted at 2009年04月14日 10時21分12秒  /  コメント( 0 )

無理じゃん

あたしたちは 小さい頃から

「自分に厳しく、他人に優しく」

というのが えらいかのように教えられてきた…。

しかし、あたしも 長いこと 生きて来てるが、これは、普通は、ちょっと 無理があるんじゃないか〜と思う


そんで〜〜

晴巫子は〜〜

「自分に甘く、他人に優しく」

あたしは聖人じゃないから、自分に厳しくしてたら、つい 他人にも 厳しくしちゃう。

だけど…

自分に甘いと、他人にも 優しくなれるんだ。気持ちに余裕が出るんだよね

自分に「制限」なんてしない方が、他人にも「制限」を押しつけないもんだよ。

これが、自分の許容量の大きさにも 繋がるんだ。

だから あたしは〜

(まず…)
自分に甘く
(それから〜)他人に優しく(^−^)


Posted at 2009年04月01日 15時43分07秒  /  コメント( 0 )