中小企業向けポータルサイト「Bizloopサーチ(ビズループサーチ)」と、ビジネスマッチングサイト「Bizloopマッチング(ビズループマッチング)」の運営スタッフが、Bizloopの様々な情報をお伝えします!
メインメニュー
機能・使い方・ノウハウ

Bizloopサーチへのリンクについて

こんにちは、セブンです。

先日、Bizloopサーチのお客様からこんなことを言われました。

「うちのホームページからもBizloopサーチにリンクしてあげるよ」

とてもありがたい話です。

Bizloopサーチへのリンクはフリーです。
営利、非営利、イントラネットを問わず、リンクを張る際、下記までメールでご連絡をいただければ幸いです。
なお、弊社の都合で、サイト内の各ページは予告なく削除・変更されることがありますので、予めご了承ください。

・リンクご連絡先 info@bizloop.jp

そして、オリジナルバナーを用意しています。

こんな感じです。

(アイエフネットが指定するロゴ以外を使用してリンクすることはご遠慮ください。)

他にも、形の違うバナーを用意してます。
Bizloopサーチのページの下部にある「リンクと免責事項」にあります。

ホームページにリンク集などのページがある方はBizloopサーチへのリンクを作ってみてはいかがでしょうか?

Bizloopサーチのアクセスが増えれば、登録企業様のアクセスアップにもつながります!

みんなで支えあうBizloopサーチをこれからもよろしくお願いします。

ということでまだ3分たっていませんがセブンは帰ります。
では、皆さんまたの機会に・・・シュワッチ

※下の画像をクリックすると「リンクと免責事項」のページへリンクしてます。


Posted at 2009年06月19日 20時14分19秒

大事なもの失くしていませんか?

皆さん、本はお好きですか?
私は先日ようやく10万3千冊目の本を読破いたしました。

ええ、もちろん全ての内容を覚えていますよ。いつでも10万3千冊の禁書目録を持ち歩いているのと同じなのはとても素敵なことですし、いつでもその知識の中から情報を引っ張り出すことができるのです。


本を読むという行為はただ書いてある内容を頭の中に詰め込むではなく、その背景を想像してみたり、時には推考してみたり、見た目には黙々としていても中身は結構熱くなっていたり、ドキドキしているものだったりしますよね。


活字離れが叫ばれて久しいです。
携帯やPC等ばかりに頼っている生活。もう少し考え直してもいいのではないかなと思ったりもします。
ブログもテキストがたくさんあるはずなのに、別に読んでいてもドキドキしませんよねえ。


それに、

電化製品ばっかり触っていると、

超電磁砲っていうのでしたっけ?

あれで体がビリビリしてしまいますから、要注意なのです。


便利な世の中になるのはとても良い事ですが、大事なものは失わないよう心がけていたいものです。
一歩間違えると、得るものよりも失うものが多かったという事にもなりかねません。


そうそう。
とあるWebのインデックスは、徐々に3万サイトに近づいているようです。


Posted at 2009年06月12日 16時11分35秒

【初心者の味方No.17 [Bizloopサーチの更新が忙しくて出来ないという方へ!]】

17回目のねぎです!ペコリ(o_ _)o))


・・・最近特に思うことは、
『自分自身のキャパをもっと増やしたい!!』
日々、目先の仕事に追われている人も多いかと思いますが、打開策はどこに??
うーむ。。

目の前に仕事が山済み⇒目の前の仕事でいっぱいいっぱい⇒全体が見えない⇒個別の仕事もおろそか⇒アウト!
このような現象に陥る経験は一度はあるのではないでしょうか?

・・・とにかく目先に追われて、考える時間が少なくなっているのは赤信号!
『自分で考えること』をしないと、気づいていても気づかなくても退化していきます。。
結果、今の枠から超えることはありません。

考えるクセをもっとつけましょう!

■考えるということは、目的や方向性が明確になるということ!
 ⇒おのずと最善の方法も見つかります!ロスする時間が減りますよ!

■考えるということは、自分事とそれ以外の事がはっきりとすること!
 ⇒自分事の反対は他人事?いいえ違います。自分事の反対はみんな事です!
   自分だけで考えるべき仕事と、みんなで考えるべき仕事が明確になれば、仕事の質も量も上がるでしょう。

■考えるということは、アンテナを沢山はるということ!(興味を持つこと)
 ⇒画期的なヒラメキがどんどん沸いてくる!という人は実はそんなにいません。
 
  例えば、上司や同僚・部下の昨日のシャツの柄を鮮明に覚えていますか??
  ・・・人は、目の前を通り過ぎている情報のほとんどを蓄積せずに流してしまっています。
  でも、自分の趣味やペットのことなど、興味を持っていることは覚えていますよね?

  仕事も同じで、目の前に沢山のヒントが転がっているかもしれないのに、
  気づかずに、ほとんどが通り過ぎていってるのではないでしょうか?
  アンテナを張っていれば、会話、ネット、本屋などで「有益な情報」に気づきます!

■考えるということは、より売れるということ!
 ⇒「ものが売れる状態」というのは日々変わっていきます。
   昔こうしていたら売れたから!にしがみついちゃうと、どんどん退化していってしまいます。
   アンテナを沢山張って得た情報を、考えて自分のものにしないと!です。

考える時間が無いという方!
考える時間をつくって現状を打破しましょう!!
忙しくて、Bizloopサーチの更新をする時間が無いという方!
商品を見つめなおす、考える時間のきっかけ作りに、一度Bizloopサーチ更新をしてみませんか?(^▽^)/


自分ではその商品の良さは解っているけど、初心者に伝わり辛い部分はどこか?
どうすれば、商品の良さが伝わるか?
又、興味を持ってくれている人が見た場合に、どうすれば頭に残してもらえるか??
など。
もう一度考えるきっかけにどうでしょう?
独りで考えずにまわりと考えるのもいいかもしれませんね〜

Bizloopサーチから問い合わせが増えた!といった直接的な効果だけでなく、
本業の方も「気づき」が多くなり、
前よりスムーズに物事が運ぶかもしれませんよ(^▽^)/



私の方も、もっともっと、bizloopサーチが皆さんに愛されるにはどうすればいいのか「考えたい」と思います!
頑張ります!

以上、17回目のねぎでした。ペコリ(o_ _)o))


Posted at 2009年06月08日 10時54分44秒

自社商品について

こんにちは。ふぇんだーです。

九州からお送りしております。

今日は、商品やサービスのターゲッティングについてです。
おもしろいサイトを見つけましたので興味があれば、まずはクリックを。
長野県の白馬にあるホテルのサイトです。

ホテル五龍館:

http://www.goryukan.jp/plan/plan_twin.html


http://www.goryukan.jp/plan/plan_spa&camp.html


http://www.goryukan.jp/plan/plan_singlewoman.html


こちらのプラン案内面白くないですか?
え?
僕だけですかね?
ストーリーに共感できませんか?
最近、子供が生まれたばっかりなので、いろいろ想像しながら見てしまいました。

確かに具体的なターゲッティングと共感できるストーリーがあれば、お客さんをひきつける力はあるかもしれません。
もちろんこれだけで、集客や売り上げにつながるとはいえませんが、大事なのはサービスの価値化だなと思ったサイトです。

例えば、販売しているミルクだとして、
商品の表示をただの「ミルク」と「お子様が気になる両親の為に専門家が一生懸命考えたやさしいミルク」では、消費者が受ける印象や商品の価値はまったく違います。

せっかくの魅力ある自社商品・サービスに新たな付加価値を。
ターゲットを考えてみるだけで、見つかるかもしれません。

ただ、やりすぎはいけません。あと嘘もいけません。
くれぐれも過剰表現にはご注意を・・・

Bizloopサーチでは商品やサービスを紹介することができます。
お客様でも更新できますので、いろいろ試行錯誤をしながら商品やサービスを紹介していくのもアリかもしれません・・・


Posted at 2009年06月05日 18時40分51秒

転載にご用心!?

本日よりスタッフに加えていただきました、神戸よりやってまいりました・・・アキンドでございます。
よろしくお願いします。

見出しにあるように転載についてですが、本日興味深い記事を
発見しました。
「ネットニュース記事をブログに転載し逮捕」
著作権にかかわる部分ではありますが、日々の某検索エンジンのNEWS記事などを
転載したりするとやはり著作権違反となるんですね^^;
皆様BIZLOOPにて各サービスなどのご登録して頂いてるとはおもうのですが・・・

掲載前にチェックが必要な場合が多々あるかとおもいます。

----簡単なチェック-----
1.ネットなどで拾った画像など掲載していませんか?
2.自社のパンフレット等自社にちゃんと著作権、肖像権がありますか?
3.メーカー様のサイトから許可なしに丸写しされてませんか?

記事を載せる際様々あるとは思いますが上記を最低限確認してみてください。
ネット社会の広がりにより様々あるとは思いますが、有意義な活用を・・


Posted at 2009年05月29日 15時56分54秒

顧客受けする方法

みなさん、お久しぶりです!
大阪から東京に戻ってまいりました、プランナーチームのふくすけです!
このブログを書くのも半年振りとなりました・・・。
今日は「顧客受けする方法」を書いていきます。

皆さんは映画は好きですか?
映画館では、外国映画・日本映画・アニメと人気の作品が上映されていますし、レンタルショップもにぎわっていますね。
外国映画は当然、その国の言葉でタイトルを持っているのですが、日本で公開される時は、大抵の場合、邦題という日本語タイトルを持ちます。

例えば『天使にラブソングを…』は、原題は『Sister Act』で、直訳すると『シスターの振りをする人』にでもなるのでしょうか?
アメリカで大ヒットしたミュージカル映画のタイトルとして、この邦題はたった一言で作品内容を表す、とてもわかりやすいタイトルだと思います。
こうしたネーミングに対するセンスには脱帽します。

このタイトルを考えた人は、映画に詳しいことはもちろん、このタイトルを目にする人(ターゲット、この場合は日本人)を大変よく理解している人であると思います。
単なる映画好き、映画マニアではこうはいきません。知識をひけらかす、技術を自慢する、質の良さや実績のアピールで勝負する姿が目に浮かびます。

僕自身の経験で、こんなこともありました。
携帯ショップで携帯を選んでいるときのことです。
僕「この携帯はフルブラウザ対応ですか?」
店員「は?」
僕「え、いや、PC向けに作られたページを見るための」
店員「あ、PCサイトブラウザですね」
僕「あぁ、はい。(どっちでもええやん・・・)

商品名にこだわる姿勢は、ショップの店員としては素晴らしいことです。
しかし、この時僕が聞きたかったことは「PC向けに作られたページを見る」ことの出来る機種なのかどうか、ということで、この店や会社がウリにしている「PCサイトブラウザ」という商品名を確認したかったわけでは無いのです。
こうした店員さんの対応、ご年配の方を相手にされていれば、無かったと思います。
しかし、お客様と直接話を出来ない、お客様の様子を確認できないWebサイトで、こうした対応は多々見受けられます。

皆さんのホームページや広告に目を向けて見ましょう。
商品情報やサービス内容・技術のひけらかしになっていませんか?
顧客は理解してくれている、と決めていませんか?
顧客が自分たちに何を求めているか、考えて広告展開・営業活動をされていますか?

購入する側の視点に立てる広告展開、営業活動を心がけたい、相談できる外注業者が欲しい皆さん。
受注・発注だけでなく、コンサルティングも介入するBizloopマッチングを利用してみませんか?


Posted at 2009年05月22日 20時27分27秒

サーチで検索をしてみたよ!

こんにちわ! ワカチコでございます。

「新型インフルエンザ」((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
が猛威を振るっております。
巷では、今月17日に結婚を発表させ世間を驚かせた 松本人志

・・・  松ちゃん兄こと、松本隆博氏が

インフルエンザ対策用マスク1万枚をネットから無料配布したらしいですね!
いまや、何処でも売り切れのマスクを配布とは・・・

って、さっき情報を手に入れたばかりなのに、用意されたサイトは

  ただいま申し込みが殺到しており、
  一時的に受付を停止さていただいております。
  ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。



だそうです・・・。

なんだよもうーーー   と思いながら、Bizloopサーチの検索窓に目が行き



検索してみました!

でましたよ〜検索結果が!
「新型インフルエンザ」、「インフルエンザ」のキーワードが入っている企業様が検索結果に表示されてます。

みなさんもどんどん検索してみましょう
きっと探しているサービスが見つかるハズ!!

そして登録企業様 もっとBizloopサーチを活用してみてください
ログインする機会を増やして、ナウい(死後)キーワードを可能な限り絡めた文章を埋め込んでみましょう!
きっと皆様のサイトへの窓口が広がりますよ!


さて、ちょっとノドがおかしいので、
マスクして早めに帰ります! (あ、ぼくは花粉症なのでマスクはタンマリ持ってます^^)

手洗い! うがい! Bizloop!


Posted at 2009年05月21日 20時38分04秒

商品・サービスページを更に活かすマメ知識

皆様、初めまして。Bizloopの登録担当をしております、W浅野です。
先日、お客様とお話しさせていただく機会がありまして、そのお話しの中で
「無料なのに、こんなに紹介してもらえるなんてありがたいね!」
「デザインが綺麗だね!」と大変喜んでいただけました。
Bizloopの運営に携わってきた者として、とても誇らしい気持ちにさせていただきました。
心の中で「だっしょ〜〜?」と言っていましたよ!
これからも、皆様に喜ばれるポータルサイトを目指して参りたいと思います。


それでは、記事の表題であるBizloopのマメ知識について、本日は記事を書かせていただきます。

すでにBizloopをご利用されている方はご存知かと思いますが、Bizloopは「会社情報」「商品・サービス」という2種類のページによって構成されています。
「会社情報」ページは、自己紹介。
「商品・サービス」ページは、取り扱っている商材の細かいアピールという感じですね。
さて、
ここでマメ知識なのですが、「会社情報」ページと「商品・サービス」ページで、それぞれにリンクURLを設定できるってご存知でしたか?
「商品・サービス」ページにもリンクを設定しておく事で、アピールの説得力を増す効果が期待できます。また、お持ちのホームページへの窓口を増やす事になるわけですから、来客数の増加も期待できそうですね。




ほんのちょっとした工夫で、より効果的にご利用いただけますよ♪
お客様ご自身で手軽に編集ができる「Bizloopサーチ」です。どんどん触れていただいて、「Bizloopサーチ」の事をもっともっと知っていただきたいですね!


Posted at 2009年05月20日 17時55分32秒

検索ワードとページの内容を見直してみよう!

こんにちは、りかりかです|^・ω・)/ ♪

Bizloopサーチには、無料会員様有料会員様の2種類あるのはもうご存知ですね?
初めて聞いたよという方は、無料/有料会員の違いは?の記事をご覧下さい。

有料会員様の特別仕様の1つに、
商品ページのタグ設定の項目がありますw(*゜o゜*)w
商品ページ個別にキーワード(8個)、Discription(ページの概要)
が設定できるのです!
ページ内容に合わせて、キーワードが簡単に設定できるのでとっても便利ъ( ゜ー^)♪

ただ、全く関係ないキーワードを設定して、
検索エンジンで上位に出せばよいというものでもありません。
興味のある商品、サービスを検索して、やっと辿り着いたページが
キーワードと関係ないページだったり、
目的とする商品紹介ページがすぐに見つからず探し回ったり、
そんな面倒な思いをされたことはないでしょうか。

いくら商品名などのキーワードで検索エンジン上位に表示されたとしても、
サイトに入ってから迷子にさせていると、すぐに他のサイトへ離脱されてしまいます…

検索エンジンからダイレクトに目的ページにアクセスさせることが理想ですが、
SEO(検索エンジン最適化)の初期段階ではそれも難しく、
やはりサイトのトップページにアクセスするユーザーが大半です。
トップページにユーザが検索時に使うであろうキーワードを含めたバナーや新着情報などを分かりやすい個所に表示して、迷わせず誘導することが大切ですね。
Bizloopの商品・サービス紹介ページも然り、テーマに合わせたキーワード設定を考えてみましょう〜


Posted at 2009年05月15日 12時20分38秒

インターネットの利用ユーザー

こんばんわ
ドウモ( ・∀・)っ

small beachです

さてタイトルの「インターネット利用ユーザー」ですが、

皆さんどう思われておりますか?

18〜32歳の世代がネットユーザーの中心と考えられておりませんか?
非営利団体Pew Internet & American Life Projectが調査した結果ですが、

インターネット人口の半数以上を18〜44歳が占めている。しかし中高年層の利用も増えており、2005年以降で最も利用率が増えているのは70〜75歳の層だ。2005年には26%しかオンラインを利用していなかったが、現在では45%が利用していると答えている。

年齢層によって主なネットの用途が異なることも分かった。10代とジェネレーションY世代は、主にエンターテインメントおよび友人や家族とのコミュニケーションツールとして活用している。ただし10代は電子メールよりもIM、SNS、ブログなどをコミュニケーション手段として利用しており、2004年には89%がメールを利用すると答えていたのが、現在は73%に下がっている。また12〜17歳の78%がオンラインゲームを楽しんでいる。

 若い世代と比べると、より上の世代は情報検索、電子メール、商品購入にネットを活用している。特に中高年世代では、健康関連の情報を検索する頻度が大幅に増える。

 オンラインショッピングの利用率は「ジェネレーションX」(33〜44歳)が最も高く、18〜32歳の71%に対し、X世代の80%がオンラインで買い物をしている。10代では38%、64〜72歳では56%、73歳以上では47%だった。

 これまで中高年、または若年層に偏っていた幾つかのオンライン利用法が、73歳以下のすべての年齢層に普及するようになった。その1つがビデオのダウンロードで、2005年にはY世代以下の利用が主流だったのが、2007年にはX世代の38%がダウンロードをしていると回答した。また73歳以上も2005年の1%から13%、64〜72歳も8%から13%へと増えている。


引用:ITmediaNews

さて皆さんどう思われます?

やはり、インターネットでの商圏は広がっておりますね。
これをどんどん使いましょうね!!
v( ̄Д ̄)v

Bizloopはこちらですよ


Posted at 2009年05月14日 20時54分34秒

前へ |  1  2  3  4  5  6  7  8  9  | 次へ