中小企業向けポータルサイト「Bizloopサーチ(ビズループサーチ)」と、ビジネスマッチングサイト「Bizloopマッチング(ビズループマッチング)」の運営スタッフが、Bizloopの様々な情報をお伝えします!
メインメニュー
2009-02-25 の記事

どシロウトが垣間見た...




こんにちは。
クリエイティヴのナオ(商売っ気抜き)です。

現在、弊社グループの取り組みとして、ある商品のセールス向上を狙っています。
毎回述べている「クリエイティヴ(=制作部)の」私もまた、即席営業マンもどきとして、お客様への営業トークをかけています。

・・・いやー、実際畑違いの仕事って難しい。
タダでさえテク無し状態なのですから、ゼロからの購買意欲の喚起など困難。
「芳醇な売りトークでグイグイ引っ張る」など望むべくもありません。
なれば、私が取り得る手段は「その商品を得ることで確実にメリットを得られる顧客」をターゲットにするため、顧客層を厳選することのみ。

「欲しそうに見える人」
「ちょっと後押しすれば欲しい気分になるはずの人」
「欲しくなる生活背景がすでにある人」

そういった、難易度的にイージーな顧客を探し出すということですね。
顧客探しに費やす時間8割、というペース配分で、ようやく私の営業もどきは成立するようです。



そういえば。

私が現役ディレクターであった時、当然ネットショップ構築のお仕事などもありましたが、
たまに頭を抱えるような案件にも巡り合いましたっけ。

「・・・いや社長、それ、ネット通販で買う人いないと思います・・・orz」

という。
ひいき目に見ても、ショッピングカートに載せるべきでない、ネットユーザには訴求力の無い商品群。
それを見事コンサルティングで乗り切ったナオの武勇伝!・・・ではありません。
残念。

なかなか売り上げの上がらないネットショップ。
その原因はひょっとして、

「売りたいものと、買いたい気持ち、釣り合っていますか?」
「買いたい気持ちになってもらうためのアイディア、準備していますか?」
「ユーザ目線で、商品のメリットを表現できていますか?」

・・・という、本当に第一歩目のところでつまづいているのかもしれません。



「欲しくないと、誰も買わないよねー」

戦いの合間、どシロウト目線な一日営業マンは思ったわけです。
言葉に書くと滅茶苦茶負けモードですね。
売り手は常に、欲しいと思わせる努力をせねばなりません。



Bizloopサーチオーナーの皆様。
無料で作れる商品紹介ページ3枚をフル活用して「欲しくなる!」商品をもう一度アピールしてみませんか?


Posted at 2009年02月25日 13時43分59秒