中小企業向けポータルサイト「Bizloopサーチ(ビズループサーチ)」と、ビジネスマッチングサイト「Bizloopマッチング(ビズループマッチング)」の運営スタッフが、Bizloopの様々な情報をお伝えします!
メインメニュー

心理トリックなキャッチコピー

こんにちは。りかりかですヽ(^▽^@)ノ
サーチも今や登録数18400件以上…。多くの会社様が登録されていますね。
検索してもいまいち他の会社との違いが分からない…
そんな時、お互いの顔が見えないインターネットでは、相手の心をつかむ文章があるかないかで決まってしまうところもありますよね。

そこで今回は、相手の心理バランスを崩す、ちょっとした心理トリックを使ってキャッチコピーをつくってみましょう!

とある美容サイトの場合。

●その1 禁止形
一般的に良いとされていることや常識的な行為として認識されていることを禁止するテクニック。

「顔を洗うのをやめなさい!」

なんで顔を洗っちゃだめなの!?どうして?
そんな風に思いませんでしたか?

理由はホームページで。

こんなリンクがあればついついクリックしたくなるのが、すでにトリックにはまっている証拠。

●その2 否定形
世間一般的に広く認知されている事象について、それはウソと否定するテクニック。

「顔を洗えばきれいになるなんてウソです!」

この時も相手の心理は、何で???と思っているので、その理由をクリックしたくなりますよね。

●その3 肯定形(否定の否定)
一般的に悪いとされていること、または非常識な行為として認識されていることを肯定するテクニック。

「きれいになりたいなら、顔を洗うのをやめましょう」

どうして???とやっぱり気になりますよね。


クイズ番組やドラマ、漫画雑誌など、ちょうどいいところで切れてしまい、
続きはまた来週〜という形で消化不良ですっきりしないで終わったことはありませんか?
いずれも何で?どうして?気になる!!と思う、その不快感が心のバランスが崩れた状態なのです。
答えを知るためにはその理由をクリックするしかなく、
わざと相手の心理バランスを崩すコピーを書くことで、次のリンクのクリック率を高めることができるというものです。

サービス・商品情報でせっかくPRできるスペースがあるので、
"続きはホームページで"のところを
誰もが続きをクリックしたくなるようなコピーや文章を考えてみてくださいね(ノ´▽`)ノ

Posted at 2009年01月23日 09時50分40秒