社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー
かもさんだより

〜かもさん通信より〜

〜インタビューコーナー〜 キッチンの早川さんにききました

Q.スプーンを持つ時期はいつ頃からですか

A.スプーンへの興味が出てきてからかな。
  そして上手に使えるようになるのは手のひらを相手に向けて手首をひねったり
  バイバイができるようになってからですよ。


腕や手首のひねりが必要なのですね。
スプーンやフォークを使う前に手づかみ食べを満足のいくまですることも大切なようです。
食事の場面を考えることは、暮らし全体を見つめることにもつながります。
どうぞいつでもなんなりとご相談ください。

  

Posted at 2011年07月05日 11時26分34秒  /  コメント( 0 )

かもさんだより  2011年7月

子どもたちのひと夏の成長は大きいといいます。確かにそんな気がします。 汗をたくさんかいてアセモができたり、大きなスイカにかじりついたり、水あそびをしたり、花火や星空を見上げるために夜のおでかけをしてみたり・・・
夏は短いけれど、時間が濃いのかもしれないですね。

Posted at 2011年07月05日 11時16分04秒  /  コメント( 0 )

かもさんだより  2011年6月


梅雨入りしました。例年よりずいぶん早いようです。
あじさいの咲く季節、カタツムリがつのを出し、カエルがなきだします。長ぐつをはいて、カッパを着て、雨のおでかけしたいですね。どうぞこの雨が清らかでありますように。地下へしみ込み、海へと流れまた雨となる、この水の循環が子どもたちの時代に今より清らかであることを祈ります。

Posted at 2011年06月20日 11時48分24秒  /  コメント( 0 )

かもさんだより  2011年4月

3月11日大きな地震がありました。こわかったですね。
そして津波、原発の事故 ただ事ではない事態が起こり今も進行しています。
以前ある映画でチベット仏教の指導者ダライ・ラマ14世が、21世紀の世界について私は楽観しています、と言っていました。その言葉にどれほど励まされたことでしょう。そして同じ言葉を今回新聞でみつけました。原発の事故について、楽観していますと。どんなときにも希望を持ちましょう。そしてあわてずに、大丈夫。子どもたちに豊かな地球を残したいですね。(A)

Posted at 2011年04月04日 14時05分57秒  /  コメント( 0 )

かもさんだより  2011年3月

 東京から太平洋の遥か1000km先にある父島、そこからさらに2時間の船旅の末にたどり着く母島。そこに住む方から手紙が届きました。草で編んだバッタが2匹、ヤギを飼い、幼い子が畑の木陰でお昼ねしている姿の写真などが同封されていました。この季節、海にはたくさんの鯨がきているそうです。
なんて豊かなんだろう。こんな暮らしがあったんだと思いました。
毎日、結構疲れるし、夫は忙しい。でもこんな島の暮らしと海を泳ぐ鯨たちと私たちの暮らしも確かにつながっていることが想像できたなら少し気持ちは開放されて、楽になりますね。頑張ろう。(A)

Posted at 2011年03月04日 14時08分37秒  /  コメント( 0 )

かもさんだより  2010年 6月

 かもさんのスタッフのお一人が、この春からお休みに入っています。いつもこのページを書いてくれていた、「あさのさん」です。
5月、あさのさんに、2人目のお子さんが無事生まれました。元気な男の子だそうです。お兄ちゃんが、かわいくてかわいくてしかたない様子で弟を眺めている、幸せな写真が園に届きました。

 涼しくなるころ、あさのさん(と、0歳のあさのくん)が、またかもさんにやってきてくれる予定です。それまでは、いつもの「さこうさん」と、他の園の職員たちが、かもさんのおそばにいます。いつでも、どなたでも、おいでください。

Posted at 2010年06月02日 11時32分03秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  5  6