社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー
かもさんだより

かさもん通信  2012年10月

 運動会の季節ですね。
のしお保育園には、いわゆる運動会といわれるものはありません。
そのかわり、“みんなで身体を動かすことを楽しもう”という「ぐるんぱ」という日があります。
――ビデオ撮影が忙しく、拍手や子どもたちへのまなざしが減ってしまった運動会。
そもそも運動会って子どもたちに必要なものなの?
――勉強し、話し合い、その結果17年前に運動会からぐるんぱへかわりました。
(くわしくは9月号の純子さんコーナーをぜひお読みください。)

 息子が通った幼稚園でも、ビデオ撮影は指示にしたがって、マナーを守って、拍手が少ないと子どもたちがさみしい思いをします、等々いろいろありました。
ビデオの無い我が家は、撮影しなくていいのでとても気が楽でした。
記録も大事、そして目の前の子どもたちの姿こそ輝くたからものですね。
お見逃しなく!                              (浅野)

Posted at 2012年10月02日 15時38分07秒  /  コメント( 0 )

〜インタビューコーナー〜

〜インタビューコーナー〜    保育士の香子さんにききました

Q.ときどき、ポニーが園に来ていますね。
  仲良くつき合う方法を教えてください。

A.ではまず2頭の紹介から。
  大きい方のポニーが金太郎くん、小さい方がチョコちゃん。
  この2頭、血のつながりはないのですが北海道の出身です。

  エサの干し草をあげるときは長めのを一本ずつ差し出してあげてください。
  ポニーは日がな一日、ゆっくりと干し草を食べ続けるのが好きなようです。
  下に落ちた干し草は砂などがついているので、あげないでください。
  手のひらにのせてやるのは、かまれるかもしれません。
  止めておいた方がいいでしょう。
  
  金太郎くんは触られるのはあまり好きではないようです。
  さわるときは鼻すじやたてがみのあたりをやさしく撫でてください。

  後ろへ立ってはいけませんよ。蹴られてしまいます。
  しっぽを触ろうとしない方が良いですね。

  ポニーと会えたときは、ぜひそばにいって、触れてください。

  ※ポニーは毎月2回、のしお保育園にやってきます。
   2回のうち1回は、かもさんグループの火曜日に合わせています
   (たまに、合わないときもありますが)。
   日にちは毎月ちがうのですが、前月に予定を決めていますので、
   興味がおありの方はおたずねください。  

Posted at 2012年09月19日 15時09分15秒  /  コメント( 0 )

かさもん通信  2012年9月

 暑い暑い夏でした。ひと夏の子どもの成長は大きいといいます。
実際そうなのかもしれません。暑い日差し、ふりそそぐセミの声、開けはなした窓からは人の声や物音がよく聞こえてきます。
水あそび、虫とり、外に出れば蚊にさされ、寝苦しい夜は寝返りばかり…
そんな濃い時間の中で、子どもたちはひとまわり大きくなるのですね。

もうすぐ秋、ほっとひと息つきましょう。

Posted at 2012年09月19日 09時42分10秒  /  コメント( 0 )

かもさん通信  2012年8月

 
 魔の2歳児とかイヤイヤ期とか聴くけれど、母さんにもゆずれない線がある。
エスカレーターでは手をつなぐ。もちろん横断歩道を渡るときも。ごはんのとき、ヤダヤダ言ってるととても困るの。外ではだしになるのも困る。ガラスがあると危ないからね。スーパーの中では母さんから離れない。ハチャメチャで元気いっぱいでいいんだけど、それだけじゃダメなんだからね。節度ってものがある。

 2歳の子に対して思いをぶつけるというか、腹を割って話をするというか、いずれにしても大人気ないのだけれど、そんな心境になることありますよね。それをまた、子どもたちは、いつでも何度でも受け止めてくれるのです。幼い子の魂は素晴らしいのですね。
母さんはあなたたちに礼を言います。

Posted at 2012年08月09日 09時11分45秒  /  コメント( 0 )

かもさん通信  2012年7月

 ベランダに桃色のほたるぶくろが咲いています。6月に入ってすぐに咲き始めた1回目の花が枯れ、そして今2回目の花が、すこし数は減りましたが、色も大きさも見劣ることなく咲いています。
同じ茎が再びいくつかのつぼみをつけるまでには、一週間ほど、枯れてしまったように立ち尽くす期間があります。切り取ってしまいたくなるのですが、ほっておくといいのです。
手を加えず、ただ待つのですね。
子どもの成長にも、見守って、ただ待たなければいけない時期があって、そうしていつかきっと花開くと信じていればいいのですね。
それも難しいことなのですが…



Posted at 2012年07月04日 10時21分57秒  /  コメント( 0 )

〜かもさん通信より〜

〜インタビューコーナー〜    保育士の香子さんにききました

Q.(保育園で使っているものは)とても良い香りの虫よけですね。市販のものは使わないのですか。

A.市販されているものには「ディート」という忌避成分が含まれています。
  幼い子どもたちには使いたくないので、園ではハーブの虫よけを使っています。

  作り方をご紹介します↓

  【手作り虫よけスプレー 100ml】

   <用意するもの>
   ●虫よけ効果のある精油
    (蚊には、シトロネラ・ゼラニウム・レモンユーカリ・レモングラスなどが有効)
    (園ではシトロネラとゼラニウムを使っています)

   ●無水エタノール  10ml

   ●精製水      90ml


   <作り方>

    〕憧錙焚燭任睥匹い任后砲北疑絅┘織痢璽10mlを入れます。

   ◆ー,棒彩のシトロネラを4滴・ゼラニウムを6滴入れます。

    △棒裟戎90mlを(できあがり100mlになるように)加えます。

   ぁ´をスプレー容器に移して完成です。

   ※よく振ってから使用してください。
    作ったスプレーは、常温なら2週間・冷蔵庫なら1ヶ月を目安に使い切って
    ください。

   ※スプレー容器は、100円ショップなどで売っているもので十分です

Posted at 2012年07月04日 10時07分25秒  /  コメント( 0 )

子どもの靴の選び方 〜のしお保育園「子どもの足を育てよう」より〜

 歩き始めの赤ちゃんの足は、軟骨がほとんどです。不適切な靴で固い路面を歩かせると、足を変形させたり、痛めたりしてしまいます。

 靴を選ぶポイントは、以下の6点です。

 ,弔淦茲亡櫃澆あり、足の指が動かせる適当な幅(つま先とかかとに各5mm程度)と高さがある。

◆〃つ譴硬すぎず、靴の裏を曲げると、先から1/4くらいで曲がる。

 かかとをしっかり支えられる。

ぁ.泪献奪テープで止められる。

ァ…無だが良く、洗濯が簡単な素材。

Α,ちんと試し履きをさせて、足に合ったもの。



Posted at 2012年06月07日 09時32分21秒  /  コメント( 0 )

かもさん通信  2012年6月

子どもの目をみて話をすることは、とても大切なのですね。

2歳の息子に、片手間に
「外に行くならおしっこしてね。」
と言うと、
「ヤダ」
と返事が返ってきました。一人で靴下をはこうとしています。ちょっと取り込んでいたので、後ろ向き加減のまま
「でも外に行きたいのなら、おしっこしてから!」
「ヤダ!」。
不毛な押し問答が続きます。
モウ!
と大きな声が出そうになる寸前、しゃがんで息子の顔をのぞきこみ
「○○、外へ行くんでしょ。パンツとズボンがぬれると気持ち悪いからね。おしっこしてきて。」
と言いました。
すると息子はあっけなく靴下を置いてトイレへと向かいました。
やっと私の言葉が息子に届いたようでした。
目をみて話したからかなと思っています。

Posted at 2012年06月07日 09時25分34秒  /  コメント( 0 )

〜かもさん通信より〜

〜インタビューコーナー〜    保育士の牧子さんにききました

Q.トイレのトレーニングはいつから始めたらいいですか。

A.園では、0歳の子どもも腰がしっかりしたらオマルに座るようにしています。
  一人ずつの子どもの排泄場面を細かくみていくことで、一人ずつの子どもの
  ことを心に掛け、考えていこうという意味もあります。
  そして子ども自身が自分の持っている力を十分使う暮らしを支えたいと
  思っています。でもこれは保育園だからできることかもしれませんね。
  家庭では、子どもの成長を待って、ある程度尿を膀胱にためられるように
  なってから始めてもいいでしょう。
  生活の節目節目でトイレへ行ってみるといいのですが、特にお昼寝の後が
  おすすめです。オムツを触ってみて、出ていなければチャンスです。
  夜の排泄は日中とは違うので、オムツがはずれるのはしばらく先でしょう。

Posted at 2012年05月07日 09時49分57秒  /  コメント( 0 )

かもさん通信  2012年5月

 風薫る5月。金太郎が大きなこいのぼりにまたがり、およいでいる絵を見て、一歳の息子が「のりたいなあ」と言いました。大人は無理だからとあきらめてしまっていることも、幼い子どもは自分に引き寄せて夢をいだくのですね。
「そうだね。のりたいね。」
幼い子の気持ちに寄り添って日々暮らすのも、けっこうしあわせなものですね。



Posted at 2012年05月01日 08時45分57秒  /  コメント( 0 )

前へ |  1  2  3  4  5  6  | 次へ