社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー
2016-08 の記事

キッチンだより  2...

 暑い季節は色鮮やかな野菜が豊富にあり 茹でたりサラダで食べられたりと、比較的簡単に食事の準備が出来そうです。

 最近気に入って作っている料理は蒸し焼き料理です。蓋のできる鍋に一口大に切った鶏肉、くし形に切ったじゃが芋・玉ねぎ・ピーマン、おくら、ミニトマトなど入れフレンチドレッシング(手作りでも市販でもオッケー!)をからめて蓋をして火にかけます。蒸気が出てきたら弱火にして15分、お肉が煮えたら出来上がり。鍋ごとテーブルに置いて食します。お酢が入るのでオドロクほど美味しいのです。少し塩味を濃くしてパスタを混ぜるのも楽しみな料理です。

 おやつの時間に夏のお楽しみ チューペットを食べる日があります。その時はキッチン前にポスターを貼りお知らせします。



待望の新しいスチームコンベクションが入りました!
ぴかぴかです





Posted at 2016年08月02日 09時24分02秒  /  コメント( 0 )

ほけんだより  2016...

Posted at 2016年08月02日 09時16分48秒  /  コメント( 0 )

2016年8月のこんだて

Posted at 2016年08月02日 09時15分00秒  /  コメント( 0 )

2016年8月のひら...

Posted at 2016年08月02日 09時14分25秒  /  コメント( 0 )

(2016年8月)    ...

 実は私、英語─というより外国語全般が大好きです。本が好きで外国語が好きで、大学は文学部外国文学科でロシア文学を専攻しました。広大な大地にあこがれ、トルストイをはじめ、かの地の深く厚みのある文学にあこがれて決めたのですが、ロシア語のRを巻き舌でルルルと発音するのが私にはどうしてもできない、と分かったときにきっぱりあきらめました。いや、発音よりもロシアそのものの重厚さの方に「向かない」と思ったのかもしれません。それなら受験の前に考えておけばよかったのに・・・人の性格って変わりませんね。走り出してからアレと?気づくのは今も、です。 

 とにかく、ロシア語からもブンガクからも離れた私は、大学を卒業してからフランスに行き、フランス語の勉強をし、20代前半の3年間のパリでの暮らしとは、ヘミングウエイ言うところの<若い時パリで暮らした人は幸せだ。なぜならパリは移動祝祭日として一生その人について回るから。>のとおり、たのしい関係を保っています。

 しかしフランス語にもあったのですよ、日本人泣かせのRが! 巻き舌ではなく喉から絞り出すヤツで、コーラの入ったコップをもって並んで、一口含んで喉にためて、「飲み込まないで音をたてて、さあウガーイ!」と先生の指導のもとみんなで廊下でガラガラやっているうちles Rues de Paris(レ ュー ド パ─斜めはウガイ発音)もなんとかそれらしく言えるようになりました。

 7月26日に日本の相模原の施設で19名もの障害者が殺される事件のあった同じ日、フランス北部のルーアン近郊の教会で人質の神父が殺され、仏政府はISの犯行として非常事態宣言を六か月延長しました。

 昨今の世界で相次ぐテロと相模原の事件はヘイトクライム(憎悪犯罪)という点では本質は同じではないかと思います。どうして世界中こんなに憎しみが蔓延することになったのでしょうか。
昔「向かない」と思いながら読んだドストエフスキーの小説が昨今は身に染みます。

Posted at 2016年08月02日 09時03分22秒  /  コメント( 0 )

夏まつりがありました

 7月9日(土)の夕方、園庭にてのしお夏まつりを行いました。

朝から雨が降り続き、延期にするしかないかと半分あきらめかけていましたが、ゆり組の子どもたちの願いが通じたのか、お昼すぎから徐々に雨が上がってきたので、思い切って開催することにしました。

 お天気は最後までいまひとつでしたが、今年もたくさんの卒園生が顔を見せにきてくれ、張り切って模擬店のお手伝いをしてくれました。

 子どもたちの七月エイサーや八木節、ドラえもん音頭などの踊りもみんな楽しそうでした。
また、恒例の保護者の方たちのエイサーもたくさんの方にご参加いただきました。
在園児はもちろん、卒園児や退職職員、地域の方など大勢集まり、みんなでにぎやかで楽しい時間を過ごすことができました。
たくさんのご参加、ありがとうございました。





Posted at 2016年08月02日 08時53分13秒  /  コメント( 0 )