社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー
2016-05 の記事

(2016年5月)    ...

 九州の地震は本震が前震になり、震度7が2回続けて起き、もっと大きなのが来るかもしれない、どこにきても不思議はないと言われ、いままでなかったことが次々起こっていきます。エクアドルでの大地震といい、地球全体が大変なことになっているようです。

 もう何十年も前、高校時代に古文の授業で「方丈記」を読みました。「ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず」くらいしか覚えていませんが、前半の部分のほとんどが平安末期の京都の災厄についての記録であった、と身に染みてわかったのは東日本大震災のあとです。
大火、竜巻、大地震、飢饉が京の都に押し寄せてきて、それはすざまじい状況であったと、修学旅行で京都に行ったときにも思い出しませんでした。覚えているのは新京極の通りに「こけし」のお店があって、そこは顔を注文主に似せて描いてくれるところでした。わたしの顔をした人形をもって宿舎に帰り、友達に見せたとたん「変な顔!」と言われたショック。あわてて「ふつうのこけしと違う顔だから」と言い訳して謝ってくれましたけれど、受けた心の傷は京都と聞くたびにうずきました。今思えばその程度のことで何年も執念深く京都をうらんでいたなんて・・・鴨長明に申し訳なかったです。      

 修学旅行や観光で熊本を訪れたことのある人たちは、かつてのわたしのように<どうでもいいけれど忘れがたい>思い出があるのではなでしょうか。お城の石垣で写真を撮っていたら通りがかった素敵なひとが「撮りましょうか?」とシャッターを押してくれた。南阿蘇村の古民家の庭にきれいな花が咲いていて「こんな所に住みたいなあ」と思った。・・・そんな思い出が消し飛んでしまった大地震。まして住民にとっては、避難所の不自由な暮らしのなかで一体何が起きたのか、まだ定かには実感されないのではと思います。活断層だらけの日本、いつどこで大地震が起こっても想定内という国にわたしたちは生きているのですから、あたりまえの日常が実はすごく貴重な大事なものと思えます。園庭でお餅をつくこと(小雨が降ってしまったけれど)は「恒例の行事だから出来て当然」ではないのですね。                             

 平安末期と同じような災害頻発期に入ったという日本の、まさにその時代を生きていくこども達のために、活断層の動きを予知するのはむずかしくとも、せめて原発を稼働しないようにしなくては。 
     

Posted at 2016年05月11日 14時03分38秒  /  コメント( 0 )

ごたごた荘だより  ...

 学校生活にも慣れ、おやつの時間は新しく出来たお友だちの話、先生の話で盛り上がる子どもたちです。

今月は遊べる物を制作していきたいと思います。


つぶやき・・・

   ○○君 「○○さんが、僕のこと好きなんだって!」
   △△君 「もてもてなんだよ!ねえー」
   ○○君 「うん、でも女の子だからなあー」
   大人  「えっ!?・・・」

こんな会話も・・・学校生活楽しんでいるようですね!

Posted at 2016年05月08日 16時12分13秒  /  コメント( 0 )