社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー
2014-11 の記事

ごたごた荘だより  ...

 朝晩は冷え込み。すっかり秋らしくなりました。
帰り道のお土産は、大きなどんぐりや色づいた葉っぱ!
手に持って、嬉しそうに帰ってきます。
 今月はコルクマグネットやスライムなどに挑戦!
スライムの色づけに成功した子、混ぜたらアララ・・・
ハプニングもありましたが、みんなで楽しく過ごしました。





Posted at 2014年11月21日 08時48分02秒  /  コメント( 0 )

長いものそぼろあんか...




<材料>

長いも         400g
鶏ひき肉         80g
砂糖          大さじ1と1/2
しょうゆ        大さじ1と1/2
だし汁          80cc
生姜汁         少々
片栗粉         小さじ1
水           適量

<作り方>
 …垢い發鬚劼噺大に切って蒸す。

◆,修椶蹐△鵑鬚弔る。
  鍋に鶏ひき肉・砂糖・しょうゆ・だし汁を入れ、木べらでよく混ぜて鶏肉に
  調味料をなじませてから、火にかける。

 △鬚き混ぜながら火を通し、生姜汁を加え、水とき片栗粉を入れ混ぜて
  とろみをつける。

ぁヾ錣膨垢い發鮴垢蝓△修椶蹐△鵑鬚ける。

Posted at 2014年11月20日 15時17分38秒  /  コメント( 0 )

(2014年11月)   ...

<人間は、美味しいものを食べると幸福感に包まれます。お腹がいっぱいなのについつい食べすぎてしまう場合もあります。これは、脳が快感を感じているからです。

現代の日本の食で流行のファーストフードのハンバーガーや甘いお菓子など、油分や砂糖が多い食べ物は、脳が「美味しさの快感」を感じるということが分かっています。快感が繰り返されるとやめられなくなってしまい、ストップが効かなくなるのです。
日本の食の欧米化で、脂っこいものや糖分が多すぎる食事に変化し、糖尿病や高血圧などの生活習慣病も年々増加してきています。

しかし、日本で和食を作る際に必要な「だし」にも脳に快感を感じさせ、やみつきにさせる効果があるのです。ネズミで調べた研究結果で、油に対するネズミの執着心はきわめて高いが、ネズミは砂糖と同じくらいだしに対しても執着していることが研究でわかりました。油や砂糖の取りすぎで起こる生活習慣病を防ぐことは、なかなか難しいことです。

しかし、だしならば油や砂糖に対抗できるので、健康維持のためにはだしのきいた日本食を見直すことが大切です。昔の日本は、ごはん・みそ汁・お漬物・煮物やお魚が一般的な食事でした。ここ最近の日本は食が欧米化し、お米よりもパンを好む者が増えてきています。パン食だと、つけあわせはソーセージ・ベーコン・バターや甘い飲み物など、どうしても脂肪や砂糖の摂取量が多い食事になってしまいます。

ごはんが中心になると、だしのきいた野菜の多い副菜が多くなるので、脳は満足し、バランスのとれた食生活にもつながっていくのです。だしは、高い満足感をあたえてくれます。だしを好きになることは、お米を食べることにもつながります。健康的な食生活を営むためにも、幼少期のころからうま味のあるだし・伝統的な日本の和食を食べさせ、次世代につなげていくことが大切です。>

上の文章は私のではありません。
キッチンの新人栄養士さんが参加した給食担当者講習会での講師:京都大学大学院 農学研究科教授 伏木 亨 先生の「人間は脳で食べている」のお話しの要旨です。

これで私が4月にインフルエンザにかかった時「どうしても茶碗蒸しが食べたい!」と熱でフラフラしながら「だし」をとったのか、我ながら不思議な行動の意味がわかりました。ネズミのように執着していたのですね。

若い栄養士さん(勤続32年の管理栄養士さんだって私よりずっと若いのですが、この場合は相対的に)、の感想は次の通りです。

<この研修に参加し、のしおの給食はいい献立なのだと改めて感じました。幼児期の食生活は大人になってからの食生活の基盤となるものなので、これからも、ごはん・みそ汁・お漬物を中心とした和食の食事を提供していき、子どもたちに喜ばれる食事をつくっていきます。>

Posted at 2014年11月06日 15時01分15秒  /  コメント( 0 )

遠足に行ってきました

10月24日(金)は、気持ちの良い青空で、絶好の遠足日和でした。
すみれ組は東村山の大沼田公園に、れんげ組は全生園のグラウンドに行ってきました。
たくさん遊び、楽しみにしていたお弁当をみんなで食べてきました。おいしいお弁当のおかげで、疲れを見せることなく足取り軽く帰ってきた子どもたち。楽しい一日になったようです。

ゆり組は、今回は自分たちでパンを作って食べました。






Posted at 2014年11月01日 09時28分37秒  /  コメント( 0 )

2014年11月のこんだて

Posted at 2014年11月01日 09時10分44秒  /  コメント( 0 )

ほけんだより  2014...

Posted at 2014年11月01日 09時08分26秒  /  コメント( 0 )

ぐるんぱがありました

 10月12日(日)、清瀬市立清瀬第六小学校において、のしおぐるんぱを行いました。
暑すぎず寒すぎず、体を動かすにはちょうどいい陽気でした。
広い場所でのかけっこ、みんなうれしそうにお母さん、お父さんに向かって走っていましたね。
初めての試みの『あるこうあるこう』(スタンプラリー)もご家族みなさんでポイントをまわったのが楽しかったと感想をいただきました。
たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。
また、アンケートについてもご協力いただきましてありがとうございます。今後のぐるんぱがさらに楽しいものになるように、いただいたご意見を参考にさせていただきたいと思います。







Posted at 2014年11月01日 08時58分22秒  /  コメント( 0 )