社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー
2012-11 の記事

かさもん通信  2012...

 名前、一人にひとつずつ、赤ちゃんからお年寄りまでみんなが持っているものですね。
上の子の名前は、一生懸命考えました。そして「想太(そうた)」。
下の子は、何も考えずに出産をむかえ、分娩台の上で決まりました。生まれてきた赤ん坊の手に握られてきたようでした。それは「瑞己(みずき)」。
上の子のことは、乱暴に「そうた!」とおこることも多いけれど、そういえば名前は、かわいがり愛するためにつけたんだったと、時々いけないいけないと思っています。

Posted at 2012年11月16日 16時15分29秒  /  コメント( 0 )

ごたごた荘だより  ...

 先月末は、ハロウィンでしたね。
工作では、カボチャからおばけがとび出る仕掛けのメッセージカードを作りました。
使い方は子どもたちが考えながら、誕生日カードなどにしていました。

今月は、カレンダー作りや牛乳パックでの工作をしています。
来月はクリスマスの製作を考えています。
日が短くなり、遊べる時間もちょっと少なくなりましたが、一緒に楽しく遊んでいきたいと思っています。



Posted at 2012年11月12日 15時23分08秒  /  コメント( 1 )

2012年11月のこ...

Posted at 2012年11月02日 10時10分17秒  /  コメント( 0 )

うめのたけまつりに参...

10月28日の日曜日、清瀬第六小学校で開催された六小地域住民交流会『うめのたけまつり』に有志で参加しました。
あいにくのお天気で、11時からののしおの八木節は校庭から体育館へと変更になりました。
卒園児を含め、18名の子ども達が張りきって踊ってくれ、かわいい踊りに会場からたくさんの温かい拍手をいただきました。



Posted at 2012年11月02日 09時59分18秒  /  コメント( 0 )

おいもほりに行ってき...

 10月31日(水)、今年も東村山市秋津町の小俣さんの畑へ、おいもほりに行ってきました。
今年のおいもは大きいから掘るのたいへんよ!と小俣さんに言われた通り、太くて立派なおいもがたくさん掘れました。
11月の献立に登場するのが楽しみです。





Posted at 2012年11月02日 09時46分44秒  /  コメント( 0 )

ぐるんぱがありました

 10月7日(日)、清瀬第六小学校の体育館において、のしおぐるんぱを行いました。
晴れますようにという願いもむなしく朝から雨・・・。残念ながら体育館での開催となりましたが、狭いながらも和気あいあいと子どもも大人も楽しく体を動かすことができました。
たくさんのご参加、ありがとうございました。







Posted at 2012年11月02日 09時43分13秒  /  コメント( 0 )

ほけんだより  2012...

Posted at 2012年11月02日 09時42分43秒  /  コメント( 0 )

2012年11月  ...

 11月はだんだんと寒くなる季節。寒さに負けないよう元気いっぱい体を動かし、お昼ごはんをもりもり食べましょう。
旬のさつまいもやごぼう、大根、にんじんなどは、食物繊維が豊富で、身体を温めてくれる野菜です。
 子どもたちがおいもほりで掘ってきたおいもで、いろいろな料理を作っていこうと思います。お楽しみに♪  (内海)



Posted at 2012年11月02日 09時28分43秒  /  コメント( 0 )

(2012年11月)   ...

 映画「サウンド・オヴ・ミュージック」で雷をこわがるトラップ家のこどもたちにマリアが唄う「マイ フェイヴァリット シングス」は私の頭のなかでしょっちゅう鳴りひびく3つの曲のひとつです。はずんだリズムに伸びやかな、どこか哀しくもある美しいメロディーは、ジャズなどいろいろなジャンルでカバーされていますので耳にされた方も多いと思います。

どうしても気分の晴れないときがありますよね? たどっていけば、ああ、あのことを自分は気にしているのだ、と気づくくらいのちっちゃなこと。でも、いったんドヨーンとなった気持ちはその重みでますます下へ下へと沈んでいきます。そんなとき、この歌です。メロディーをハミングしながら私の好きなものを頭のなかで挙げていきます。

♪ 干したてのふかふか布団の日の匂い
    友からの絵葉書
      白いホウロウの容器
        サンダーソニアの花  
          日曜の朝コーヒーを飲みながら聴くバッハ♪

根がかなりノーテンキなので、待っているだけじゃなくて私から友達に絵葉書出そうかな、と缶に貯めこんでいる中からガサゴソ探しているうち気分も変わっていきます。
この歌の最後は≪犬にほえられても 蜂に刺されても 哀しい気分のときも 好きなものたちを思い出せば 元気になる≫ですが、最近夫が田舎で蜂に刺されました。大きな蜂に頭を刺されて、腫れと痛みはひどかったけれど大事にはいたらずにすみました。 人生どこに蜂がひそんでいるかわからない、歌のとおりだと思います。

“鳴りひびく”あとの2曲は「からすあっぱ」(遠野の子守りうたのなかで一番長い)と「365歩のマーチ」です。40年以上も昔、心細い思いでパリで暮らしていたころデパートにいらたと突然流れてきたのが ♪ままになる日もならぬ日も 人生はワンツーパンチ 休まないであるけ♪(作詞・星野哲郎 作曲・米山正夫)水前寺清子の歌声でした。(ささやかなJaponフェアー開催中でした。)以来かってにこれは私への応援歌と決めています。

Posted at 2012年11月02日 09時20分35秒  /  コメント( 0 )