社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー
2012-02 の記事

お正月遊びの会があり...

 1月15日(日)に園庭においてお正月遊びの会がありました。曇り空のため、底冷えする寒さでしたが、子どもたちは寒さをものともせず、こま回しやかるたなどお正月ならではの遊びをのんびりと楽しんでいました。 のしお特製七草雑炊、甘酒も好評で、冷えた体がほっこり温まったのではないかと思います。
 寒い中ご参加いただき、ありがとうございました。





Posted at 2012年02月08日 11時27分34秒  /  コメント( 0 )

2012年2月のこんだて

Posted at 2012年02月08日 11時19分13秒  /  コメント( 0 )

ほけんだより  2012...

Posted at 2012年02月08日 11時18分25秒  /  コメント( 0 )

2012年2月  キ...

 2月3日は節分です。季節の節を分けるという意味の節分には、豆まきをして邪気をはらい清めます。季節の変わり目は天候が不安定なため、病気にかかりやすく、その悪い鬼(病気)を追い払うのです。 豆は煎り豆を使います。生豆を使わないのは、「拾い忘れた豆から芽が出ると良くないことがある」といわれているからです。
 まだまだ寒い日が続きますが。旬の食材を取り入れた、体の温まる食事をたくさん食べて、元気に過ごしましょう!(U)



Posted at 2012年02月08日 11時12分20秒  /  コメント( 0 )

(2012年2月)    ...

 横浜育ちの父は毎日港を出入りする船を見ては、いつか外国へ行くのだと憧れていたそうです。その父が開いた保育園の園児・第一号のわたしは、英語の歌を教えてもらって♫メリーハダリトルラン♪♬といい気分でうたっておりましたが、「ラン」とは「ラム」で、Mary had a littre lamb が正式な歌詞だったのだと気づいたのはずっと後でした。

 父から受け継いだ外国志向はおとろえることなく、大学は外国文学科でロシア文学を専攻し、卒業後はフランスに渡り3年パリで暮らしました。

 パリは日本人にとって世界のどの街より精神疾患にかかる率が高いといわれています。余りにも習慣や文化が違うところにもってきて、日本人が抱くパリのイメージと現実とのギャップに精神のバランスが損なわれると。わたしの場合は無事帰国できましたし、それなりに充実した面白い日々でした。

 しかし「東洋の果てから来たのだからフランス語がヘタでもしょうがない」なんて全く思ってくれない人々のなかで暮らして、自分が勉強している言葉はこの風土のなかでできあがったものだと骨身にしみて感じるようになりました。地震がない土地だから中世からの建物も現役で使われていますし、そういう環境でできあがった気質が日本人とはまったく異なるのも当然です。どんなに頑張ってもわたしはフランス人にはなれないし、なる必要もないのだと3年かけてわかりました。

 のしお保育園では「遠野のわらべうた」を保育の柱にしています。いまは岩手県遠野の阿部ヤエさんしか伝えるひとのないわらべうたは、もとは日本の庶民がこどもを人として育てるためのものでした。阿部さんの本を読むと、昔の日本の人の知恵の深さにびっくりします。
父にも「昔の人は三つ子、満2歳までに一生の基礎ができると魂をそそぎこんで育てたし、その方法も実に科学的で、外国の保育の理論より日本人にぴったりなのよ」と報告したく、天国(行けたとして)でたっぷり話し合えるのが楽しみです。

Posted at 2012年02月08日 11時08分35秒  /  コメント( 0 )

かもさん通信  2012...

「子育て」って大変だ。
1歳8か月の息子は、「着替えよう」と言うと「イヤーア」、「オムツを替えよう」にも「イヤーア」、「手を洗おう」「イヤーア」。
それに、自分でイスを運んで、高いところのものまでいたずらのし放題。
夕方以降、年寄り母さんの私はもうヘトヘト。
でも外に出て「寒いねえ」、ごはんのとき「おいしいね」、お風呂につかって「あったかーい」と目を合わせたとき、「おはよう」「おやすみ」と挨拶を交わしたとき、一緒に暮らしている者どうし、家族で、同じ生活者なんだと思います。
決してお世話を一方的にするのでも、されるのでもないのですね。
だから「子育て」って言葉は、ちょっと変かもしれません。

Posted at 2012年02月01日 09時44分05秒  /  コメント( 0 )