社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー
2011-12 の記事

鶏だんごと野菜の煮物...



<材料>(幼児一人分)

○鶏ひき肉   40g
○長ねぎ    8g
○にんじん   5g
○水      4g
○しょうが   0.3g
○上新粉    2g

●水       25g
●しょうゆ    2.5g
●みりん     3.6g
●塩       0.5g
●砂糖      1.2g

大根     40g
小松菜(またはほうれん草) 20g


<作り方>
 …垢佑はみじん切り、にんじんはゆでてみじん切りにする。しょうがはすりおろす。
  大根はいちょう切りにして下ゆでする。小松菜はゆでて食べやすい長さに切っておく。

◆ の材料を混ぜ合わせる。

 お鍋に●の調味料を入れ、火にかける。煮立ったら△寮乎呂鬟好廖璽鵑鮖箸辰憧櫃成形し、
  煮汁に入れて煮込む。

ぁ‖膾を加えてさらに煮込む。

ァヾ錣坊椶世鵑瓦搬膾を盛り、小松菜を添えて煮汁をすこしかけ、できあがり。

Posted at 2011年12月09日 15時23分53秒  /  コメント( 0 )

避難訓練をしました

 11月16日(水)、消防士さん立ち会いのもと、避難訓練を行いました。訓練の後に、消防車を間近で見学させてもらったり、消防士さんが実際に身に着ける消防服やヘルメットをかぶらせてもらったりしました。





Posted at 2011年12月01日 15時35分22秒  /  コメント( 0 )

遠足に行ってきました

 11月10日(木)に、つくし〜ゆり組が遠足に行きました。少し肌寒いのではと心配したのですが、思っていたよりも気温が下がらず、足取り軽やかに出かけて行きました。
お弁当を食べる頃には薄日も差し、気持ちの良い日差しの中でおいしそうに頬張っていました。お弁当をありがとうございました。
(詳しくは、ぜひ各クラスだよりをご覧ください。)





Posted at 2011年12月01日 15時29分30秒  /  コメント( 0 )

2011年12月のこんだて

Posted at 2011年12月01日 15時28分53秒  /  コメント( 0 )

ほけんだより  2011...

Posted at 2011年12月01日 15時27分48秒  /  コメント( 0 )

2011年12月  ...

 寒さが増す季節となりました。この時期はお布団の中が暖かくて気持ちのいい季節でもありますが、早起きしてしっかり朝ごはんを食べて、風邪をひかないようにしましょう!
今月は体の温まる料理をたくさん盛り込みました。(U)




Posted at 2011年12月01日 15時24分45秒  /  コメント( 0 )

(2011年12月)   ...

今年最後の「えがお」となりました。
2011年は3月11日以前と以後ではまったく変ってしまいました。
秋津では目に見えるものは以前と変わりなく、晴れた日の空はため息が出るほど碧く高く、暑くもなく寒くもなくて、秋はこども達が身体を動かして遊ぶには本当によい季節でした。
が、11月1日に皆さまにお知らせしたとおり、のしお保育園の園庭倉庫裏の雨どいの下で基準値0.24マイクロシーベルトを0.1超える放射線量が検出されました。福島第一原発事故による放射能にのしお保育園も(限定された一部とはいえ)汚染されていたのです。  検査に来た清瀬市の職員の人たちと一緒に、私も園の周囲や園庭をまわりました。雨水桝、側溝、砂場の砂、庭の土・・みんな低い数値でした。最後の倉庫裏で、測定器の針がビーっと0.24を超えて動いた時、放射能は恐い!と思いました。
「前に計ったところでは倍以上出たよ」と市の人になぐさめ(?)られても、放射能が福島から飛んできて、倉庫の屋根に積もり、雨水とともに樋から土に流れたという事実をまのあたりにして、ショックでした。目に見えず、匂いもないものが針を揺らしていると思うと不気味で、原発事故のとりかえしのつかなさを改めて感じました。
今回はすぐに除染してもらい、基準値以下に下がりましたけれど、もっと高い数値なのに計測もされず放置されている所が日本中たくさんあるはずです。汚染の主役は半減期が30年のセシウム137であるといいます。いま、私の手元にある『自分と子どもを放射能から守るには─今日からできる!キッチンでできる!チエルノブイリからのアドバイス』(世界文化社)には「私たちはこれから放射能と向かい合う時代に入ったと覚悟すべきでしょう」とあります。「あとで後悔しないために、故郷で生きてゆくために、知るべきこと、やるべきことがあります。まだ間に合います!」という著者バベンコさんのことばを受けとめて、保育園としてできることをしていきます。キッチンも食品放射能ダウンのために毎日、工夫し、調理しています。長い闘いになりますが、あきらめるわけにはいきません。こどもたちのために。

Posted at 2011年12月01日 15時23分54秒  /  コメント( 0 )

ごたごた荘だより  ...

 冬の寒さが深まるにつれ、ごたごた荘の人数が少なくなってきました。
皆、学校や学童、近所のお友だちと遊ぶことが楽しくなってきたのですね。
子どもたちがそれぞれ自分たちの居場所を見つけ、そこで楽しく過ごせるようになったのだなあと嬉しく思います。

早いもので今年ももう終わりですね。
来年のごたごた荘は、1月12日から始まります。
楽しい年末年始をお過ごしください。

Posted at 2011年12月01日 14時33分47秒  /  コメント( 0 )