社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー
2010-10 の記事

キッチンだより  201...

 9月中は夏のように暑くて、秋はやってくるのか心配になりましたが、やっと涼しくなりましたね。すこし遅かったけれど、彼岸花が咲き、栗も八百屋さんに並んでいます。
米どころの新米も出回りますね。おいしいごはんをたくさん食べましょう。(H)


Posted at 2010年10月03日 11時12分57秒  /  コメント( 0 )

ほけんだより  2010...



Posted at 2010年10月03日 10時49分38秒  /  コメント( 0 )

(2010年10月)   ...

 入院してから退院までの1週間は、新しい経験ばかりの、不思議な時間の連続でした。
点滴というのはこんなものだったのか(3歳の孫でさえしたことがあるというのに、このトシで初めて受けました)、お医者さんは聞きしにまさる忙しさ、保育士になろうか迷ったという看護師さんがけっこう多い(スカウトは控えました)、検査は夜になることもある等々、珍しくてびっくりすることばかり。病院のスタッフには「日常」であっても、新米の患者には「次に何がおきるのか?」ドキドキするものだと感じました。
 初めて保育園の門をくぐった(あ、のしおには門がありませんでした。30年前の開園時は、いまの園庭西通用門から全員が出入りしていましたので、いちおう門がありましたけれど。)保護者の方の気持は、これに近いのかもしれませんね。わが園のスタッフは慣れないおとうさん、おかあさん達に「お帰りに園の布おむつはこちらに入れておいてくださいね」と、にっこりキビキビ言えているかなあ・・などと考えているうち1週間はすぐ過ぎてしまいました。そうそう、夕方のはずの検査が担当医師の忙しさのために、夜の7時半からになりました。もともと、そんなたいした検査ではなく、ベテラン医師が若い女性医師(25歳ですって。教えてもらっちゃいました)に技を伝授する機会でもあったようです。終わったのが消灯時間近くで、シーンとした廊下を歩いたとき「夜の病院だ!」と思いました。何回もこども達と見た絵本のとおりの光景。
 
初めての入院はあっという間に過ぎました。たくさんのひとに、たくさん心配をかけて、これまでいかに自分の健康を過信していたか、よくわかりました。たのしみにしていたゆり組の越生のお泊りに参加できなかったのは、かえすがえすも残念です。これからはココロをいれかえて、トシも考えて、無謀なことはしないで(なるべく)いきます。夏の疲れがでるころです。皆さまもどうぞ気をつけてくださいね。

*「よるのびょういん」 (福音館書店) 作:谷川俊太郎 絵:長野重一 写真

Posted at 2010年10月02日 10時47分21秒  /  コメント( 0 )

ゆり組のお泊まり会が...

 9月10日(金)〜11日(土)の一泊二日で埼玉県越生町の『朝日のあたる家(通称:「吉沢さんち」)』に行ってきました。
 去年の心配の種はインフルエンザでしたが、今年の種は猛暑。でもおかげで、毎年恒例のパン焼きに加え、おやつはなんと流しそうめん。川で泳いだり、沢ガニをさがしたり、晩ごはんのあとは花火にゲームと、力いっぱい楽しんできました。
(くわしくは、ぜひクラスだよりをご覧ください。)


Posted at 2010年10月02日 10時07分35秒  /  コメント( 0 )

ゆり組 2010年10月〜...

ゆり組、最大の行事であるお泊まり会に、9月10日(金)〜11日(土)の日程で、行ってきました。
なんといっても川遊びが一番の楽しみのお泊まり会、台風の影響で川が増水していたらどうしようと内心どきどきしていましたが、子ども達の日ごろの行いがいいのか(?)いつもどおりの穏やかな川の流れで、川遊びにはうってつけでした。
自然の中で遊ぶのが大好きなゆり組の子ども達にとっては、まさに越生は最高の遊び場です。「今日はお昼寝をしないでずっと遊ぶからね!」と話をすると、「えっ!お昼寝しないの? やったー!!」と大喜びの子ども達。川の中で泳いだり、沢がにを捕まえたり、大きな木の枝につるしたロープのブランコに乗ったりと、目を輝かせ、ものすごいパワーで夢中になって遊んでいました。本当に自然の申し子達です!
お昼ごはんは、竹に生地を巻きつけて、焚き火で自分でパンを焼いて熱々をほおばり、おやつには流しそうめんを食べ(お昼ごはんで食べる予定でしたが、パンでお腹がいっぱいになり、おやつとなりました)、よく遊び、よく食べる、の模範生でした。
夜までみんなと一緒にわいわいがやがや楽しく遊び、9時にはみんな夢の中。気づけばあっという間に帰る時間になり、「もっと遊びたい」「まだ帰りたくないな」「越生にまた来たい」とみんな名残惜しそうでした。
ご家族の方と離れて過ごした2日間、友達と一緒にさまざまな体験をしたことで、またさらに自信をつけることができたのではないかと思います。みんないい顔になったと思いませんか?

Posted at 2010年10月01日 10時35分15秒  /  コメント( 0 )

2010年10月のこんだて

Posted at 2010年10月01日 10時06分04秒  /  コメント( 0 )