社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー
2010-07 の記事

のしお夏まつりがあり...

 7月10日(土)の夕方、のしお夏まつりを行いました。
毎年恒例のこのおまつりも、今年で30回目。直前まで心配されたお天気も奇跡的に気持ちよく晴れたのは、今年のゆり組さんの日頃の行いでしょうか?
名物もぎ店では、卒園生たちが率先してお手伝いをしてくれ、七月エイサーや八木節、ドラえもん音頭などの出し物があり、保護者会ブースも大盛況。
在園児はもちろん、卒園児や退職職員、地域の方など大勢集まり、みんなでにぎやかで楽しい時間を過ごしました。



中学1年生の開会挨拶



もぎ店のお手伝いも堂に入ってます



職員・保護者の方々・卒園生による「七月エイサー」

Posted at 2010年07月13日 11時39分06秒  /  コメント( 0 )

七夕もおわりました

 のしお保育園の七夕は、卒園生のMさんのお母さんが届けてくれる笹で始まります。
今年もりっぱな笹が届きました。



家族みんなでお願いごとをかきました


 7日はあいにくのお天気でしたが、みんなのお願いはきっと天に届いたはず。
8日には、園庭でおたきあげをしました。


風が強くふいてちょっとこわかった

 

Posted at 2010年07月13日 10時54分19秒  /  コメント( 0 )

ごたごた荘だより  ...

 6月のごたごた荘、1年生はスタンプ絵の具をしました。保育園時代にたくさん遊んだスタンプ絵の具、みんな嬉しそうでした。
 2・3年生は七夕飾りを作りました。さすが2・3年生、輪つなぎや貝つなぎはどれも丁寧でキレイな仕上がり。作った七夕飾りは、つくし組・たんぽぽ組の笹に飾りました。



Posted at 2010年07月06日 08時26分16秒  /  コメント( 0 )

キッチンだより  201...

 色彩が美しく、さわやかで、食欲をそそる夏野菜には、水分とビタミン類がたっぷり含まれています。6月に引き続き、今月も夏野菜大会です。毎日いろいろな料理で登場します。(H)



Posted at 2010年07月01日 17時25分47秒  /  コメント( 0 )

ほけんだより  2010...

Posted at 2010年07月01日 17時14分57秒  /  コメント( 0 )

2010年 7月のこんだて

Posted at 2010年07月01日 17時10分56秒  /  コメント( 0 )

(2010年7月)   ...

 「幸せな木」はページ数も出版社名もついていない、値段もついていない小さい本です。
開くと右側に文章(というより詩ですね)、左側は写真になっています。読んでいくうちに、これは<コンクリートに埋まりつつある足元>を憂いながらさびしく立っていたクヌギとコナラ(つまり、どんぐり)の大木の話だとわかります。
 車が通れないから切ってしまおうか、と邪魔にされていた木たちに、ある日子どもたちがやってきてのぼったり抱きかかえたり泣いたり笑ったり歌ったり、にぎやかになります。
 
 木とこどもの写真が素晴らしいのです。新緑の葉のなかで木の上にいる子どもたちの写真・・木は本当に誇らしそうで、だいじに子どもたちを抱えているように見えます。
こんなところがあったなんて!ネットで調べると、園からそんなに遠くない埼玉県の富士見市にありました。
 
 子どもの頃に自然のなかで何度も遊んだ体験のある人ほど「挫折に強い」「学ぶことに意欲的」であるということがわかったそうです(6月28日NHKラジオAM7時のニュース)。 私のトシまで生きてみると、このふたつがあればほかに望むもはない!と分かります。子どもの頃にすごく成績がよかった、よい学校に受かった─は、往々にして挫折のモトになることも見てきました。
  <今、どんぐり小屋で経験している時間は、学力至上主義・競争優劣の価値観の中でしか、育つことのできない子どもたちにとって、感性を育てる重要な時期に、経験すべき、最も大切なことなのではないかと、日々思います。>どんぐり小屋の活動に、ありったけの時間と労力を無償で提供している「とこちゃん」のことばです。

  この本は清瀬上宮保育園の元園長でいらした高沢先生より、のしお保育園の文庫にどうぞ、と寄贈されました。「とこちゃん」は先生の末の娘さんです。さくら文庫で手にとって、幸せな木と幸せな子どもたちを見てください。
 秋津にもどんぐり小屋ができたらどんなにいいでしょう!

Posted at 2010年07月01日 17時06分28秒  /  コメント( 1 )