社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー
2010-02 の記事

キッチンだより  201...

2月は寒さが厳しくなる季節なので、体を温める効果のある根野菜を使った料理をどんどん登場させ、寒さに負けないよう栄養満点な食事をつくっていきます。(U)



Posted at 2010年02月04日 08時53分44秒  /  コメント( 0 )

お正月遊びの会があり...

 1月10日(日)に、お正月遊びの会をひらきました。
園庭ではこままわしやけんだま、テラスではかるたとりやゲームなどの恒例の遊びに加え、今年は手作りの遊び道具をおうちから持ってきてくださった方もいて、みんなでたくさん楽しみました。
のしお特製の七草雑炊と甘酒は、今年も大人気でした。
たくさんのご参加、ありがとうございました。




Posted at 2010年02月01日 17時02分10秒  /  コメント( 0 )

2010年2月のこんだて

Posted at 2010年02月01日 16時55分20秒  /  コメント( 0 )

ほけんだより  2010...

Posted at 2010年02月01日 16時46分34秒  /  コメント( 0 )

(2010年2月)    ...

 ピアノは弾けても三味線はどう弾いたらいいかわからない、ドイツ・リートは知っていても(♫いずーみにそいてしげーるボダイジュー♪とか)長唄はまったく歌えない。洋服は着られても(ときどき前後をとっちがえたりしますが)、着物は絶対ひとりでは着られない。
自慢じゃありませんが、いわゆる「和」の世界には縁なくここまで来ました。
 
先月、岩手のともだちの家に泊まりがけで行きました。昔は萱ぶきだったという大きな屋根の母屋の隣に白い土蔵がありました。「外壁が朽ちてきて、これからどうしたものかしらねえ」と言いながら友人は蔵のなかを見せてくれました。冠婚葬祭用に使われた、たくさんの漆器、代代のオヨメサンが実家から持参した長持、古い(売ったら高そうな)箪笥、旧家の歴史とにおいが満ちていました。蔵が150年も前に建てられたのにびくともせずに「在る」のはすごいことですね。昔の日本の職人さんの技術には今どんな研究も追いつかないそうです。
 
遅ればせながら日本の文化に惹かれ出したわたしですが、まだまだ素養が足りなくて、つい(?)のぞみ理事長に誘われ西洋音楽のコンサートに行ったり、CDでいちばんよく聴くのはシューベルトのピアノ・ソナタだったりします。しかし、なぜか最近あたまのなかに日本のある歌がひびくようになりました。昔、山梨出身のともだちから教えてもらった「武田節」です!何をしていても「甲斐の山々・・」から始まって「雲と興(おこ)れや
武田節」まで、間に詩吟まで入って流れるのですから本格的です。
 二番の歌詞「人は石垣 ひとは城 情けは見方 仇は敵」がわたしの持論「保育は人」とぴったりだと思ったのがこのエンドレス頭内歌謡の始まりらしいです。
 山梨県人でなくてもこれほど武田節が好きになったのは、やはりわたしの日本人の血でしょうか。誰もいないとき「ときこと風のごとくウ・・」と朗じると、それは気持ちいいですよー(ネコは驚いて逃げだしますが)。ご存知ない方、声をかけてくだされば歌って差し上げます!

Posted at 2010年02月01日 16時38分39秒  /  コメント( 0 )