社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー
2010-01 の記事

(2010年1月)    ...

新しい年を楽しみに待っていたのは、もうずいぶん昔のことのように思えます。このごろはお正月までにコレをしなくては、アレを終わらせなくてはと、追いかけられる日々です。
 母もそうでした。年子同然の3人の子どもを持ち、幼稚園の園長で、洗濯機も乾燥機もない時代。日頃の「もっと家事をちゃんとしたい病」(わたしと違ってとても几帳面でした)が年末に爆発するのが常でした。
 実家では大みそかの夜からおせち料理がならびました。元旦の朝はお雑煮のあと必ずお汁粉が出ました。暮れの家の台所は、小豆を煮るにおい、煮しめ用の野菜を刻む音、湯気がたちこめる中で忙しそうに動く母の姿がありました。
 子ども皆が小学生だったときの大みそか、母のヤル気がピークに達し、父と子ども3人と犬は家の外に押し出され(もう家にいられたら邪魔でうるさくて大変、お願いだから外に行ってて!)、江戸川の土手を歩いていました。
 天気がよく散歩にはもってこいの日でした。家に帰ったらまずい4人と1匹は矢切の渡しまで歩いていき、舟で向こう岸まで行ってみようということになりました。なにしろ演歌の「矢切りの渡し」が流行る前、柴又のフーテンの寅さんの映画だってできる前ですから、渡しには誰もいませんでした。大声で呼ぶと畑仕事をしていた船頭さんがやって来て、櫓をあやつって皆を対岸の松戸に運んでくれました。雑種の小さな犬の船賃が人間のこどもと同じだったのを覚えています(ソレハナイと思ったのも)。
 あれから様々な場所でいろいろな大みそかを迎えましたが、いちばん思い出に残っているのはこの日のことです。舟にあたる水の音、川面をわたる風の匂い、大みそかと 
いうとよみがえってきます。

Posted at 2010年01月07日 14時37分32秒  /  コメント( 0 )

クリスマス会をしました

12月24日(木)にクリスマス会を行いました。
恒例となった、ゆり組によるキャンドルサービスに続き、「あわてんぼうのサンタクロース」の歌と合奏があり、どんぐり(ホール)に集まったつぼみかられんげまでの子どもたちはうっとりと見とれていました。
職員による楽器演奏と、「森は生きている」のペープサートもあり、アンコール!の歓声があがっていました。



Posted at 2010年01月07日 13時46分49秒  /  コメント( 0 )

ほけんだより  2010...

Posted at 2010年01月07日 13時45分34秒

2010年1月のこんだて

Posted at 2010年01月07日 13時40分41秒

キッチンだより  201...

 1月は、天も地も人々もゆったりとなごみ、仲睦まじく過ごす月(睦月)と言われています。
家族で新年を迎えられた喜びを分かち合い、新たな気持ちで一年を始めましょう。(H)




Posted at 2010年01月07日 13時37分07秒