社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー

(2017年11月)        「保活」に思うこと

 さあ11月、秋も本番。「保活」がピークの季節です。就活や婚活、に比べれば、まだ局地的な言葉かもしれませんが、清瀬市も立派な(?)東京の自治体。この時期は、毎日のように見学の方がいらしています。今では当たり前のように毎日顔を合わせてお付き合いをしている在園の保護者の皆さまの中にも、この時期に見学においでになって初めてお目にかかった方、たくさんいらっしゃいますね。

 私事で恐縮ですが(このコーナー全体がそんなもんですが)、わたしも、11年前のこの季節、保活に直面していました。この仕事をしていても、初めての子を預けることの心配や不安は尽きません。我が子にとって最善の園を選択しなければ、と肩に力を入れ、チェック項目をリストアップして…なんて、ほんのわずかな期間やりかけました、が、すぐにやめました。なにしろ初めての子育ての真っ最中、育休中とはいえ産前と比べてやることは山積み。子どもを抱っこヒモに入れて園から園を渡り歩く、そんな力はわたしにはなかった。わたしの住んでいる自治体では、13番目まで希望を書かなければならず、もちろんそのすべてに行く、のみならず、全部で40園ほど見に行ったわ!なんていう素晴らしいママ友もいましたが、わたしは結局、ろくに園見学もせず、一番近くて行きやすいところから順番に書いて出しました。

見学を途中でやめたのは、もちろん面倒になったのが一番の理由ですが(きっぱり)、それだけではなく、同業者として、“きっとどこの保育園に行っても、この子をかわいがってもらえるだろう”という信頼感があったからです。環境も装飾も職員の感じも、一園一園それぞれに違いますが、ともかく“子どもたちを心からかわいがり、我が子のように大切に育てる”という、この仕事の根幹については、どの園のどの職員も、必ずや一緒だろう、と。

今振り返ると、無謀だったなあと思います。あの頃の絶対的な信頼感は、もう今のわたしにはありません。今年もたくさん報道された、おかしな園・酷い園についてのニュースを聞くたびに、そう思います。たまたま我が子が入った園はとても良い園だったし、のしおも、一生懸命に子どもを育てる園です。保護者の方々からご覧になれば、なんだここはと思われるところもたくさんあるだろうけれど、でもともかく、職員みんなが全力で、子どもたちをかわいがっている園です。そしてそれは、悲しいことに、決して当たり前じゃない。

わたしが我が子について園探しをすることはもうありませんが、これから入園を迎える方々には、やはり一度行ってみるよううるさく言おうと思います。いっぺん見ただけで全部がわかるわけではない、けれど、やっぱりホームページだけでは見えないものが見えるはず。理想は、誰にとっても自宅に一番近い園が、等しく良い園であること、なのですが。

Posted at 2017年11月01日 00時00分00秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*