社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー

(2017年7月)             東京都のお墨付き

 先日、のしお保育園は「東京都実地検査」を受けました。
都内の私立認可保育園にとって、最大の外部監査です。昔は2年に1回受けていたものですが、東京都の中に「認可」だけでなく、「認証保育園」や「認定こども園」や、事業所内や小規模園や…いろいろな形態の保育園がどんどん増えた結果、ひとつの園にまわってくる間隔は、3年にいっぺんになり、4年にいっぺんになり…今回は実に、6年ぶりの検査でした。私事ですが、前回は息子を生んだばかりで、生んでみたらすこし病気があって手術をしなければならず、検査日は付き添い入院中で欠席。ということで、わたしにとってはその前の回以来、実に11年ぶりの検査となりました。

 認可保育園には、備えていなければならない膨大な書類があります。日々の保育をきちんと行っている証明として、それらが必須なのです。そして、日々の保育をきちんと行っていることには自信がある当園ですが、書類の整備については、……………なのです。

 検査に行きますという通知は、都の規定で3週間前と決まっています。今月初めに通知が届き、それからはもう、みんなで書類の作成、じゃなくて、確認にあたりました。

 当日は、都の検査官が5人、清瀬市からも2人の立ち合いがあり、他に園の会計士だの労務士だの法人事務長だの、狭いはらっぱは大騒ぎ。わたしたちは緊張でガチガチ…かというと、意外にそうでもなく、言いたいことを言って聞きたいことを聞いて、おばさんになるってすごいなあ、と我ながらしみじみ思いました。

 そして現在、まだ正式な結果通知が届いていないので大きな声では言えないのですが。いくつかの指摘は頂いたものの、総じて、ちゃんとやってるね、という評価を頂いた、ように思います。清瀬市役所から立ち会いにいらした方からは、聞きしに勝る素晴らしい保育ですね、と褒められました。いえいえ…と首を振りつつ、やっぱり嬉しかったです。

 というわけで、のしおは、東京都のお墨付きできちんと運営致しております。今なら書類もばっちりです!

Posted at 2017年07月01日 00時00分00秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*