社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー

(2015年6月)              さくらグループのこと

 5月のある木曜日の夜7時、消費者センターの3階に人が集まってきました。皆、清瀬市内の保育園で仕事をしてきた栄養士、調理員、保育士たちで、園長も二人います。それぞれの前にはお皿が1枚。お豆腐とヨーグルト、食パンのきれはし、マシュマロ1個が乗っています。変な組み合わせですが夕食ではありません。研修のための学習材料です。
「さくらグループ食事研究会」といって清瀬市内の保育園給食に携わる職員を中心にした会の、その夜は<離乳食の理解と進め方>の研修でした。講師は管理栄養士の松本先生。
実は先生が体調を崩されて、ここ2年間勉強会が開かれていませんでした。すっかり恢復され久しぶりの研修です。「さくらグループ」が清瀬に発足したころには、まだ小学生だった(!)新人の栄養士や保育士のちょっと緊張した顔もみえます。

 絹ごし豆腐をスプーンで自分の口に運び、まだ歯がはえていない赤ちゃんがどのように食べ物を舌でのどの奥に送っていくのか実感します。
唇を閉じて飲み込むって、これがけっこうむずかしい。当たり前のように噛んで飲み込んでいますが、その陰には乳児期の奮闘努力があったのだと今にして自分で自分をほめてあげたい。そして、育てる側としては子どもの機能に合わせた働きかけをしっかりしなくてはと、食パンのちっちゃなきれはしを水分無し、噛むのも無し、で上顎で押しつぶしてゴックンするのに目を白黒させながら思ったことでした。

 おいしく味わって食べることは、心を豊かにします。味覚形成面から重要な幼児期、特に離乳期から多様な食体験を経験することが必要─と松本先生のお話しは9時まで続きました。
清瀬で公立、民間の保育園職員が一緒になって「食べる」ことについて勉強する会がずっと、淡々と、持たれているのは、なかなかのコトではないのかな。その会を主宰しているのが(尊敬する松本先生を講師にお呼びして)、のしお保育園の管理栄養士の早川さんだというのは素敵だな、と思いながら夜の道を帰ってきました。  

Posted at 2015年06月23日 12時16分15秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*