社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー

(2013年4月)                   すごくうれしいこと

 電話をもらったときから予感があったのですが、お母さんといっしょに玄関を入ってきたときのTくんの嬉しそうな顔を見てわかりました、志望高校に合格したんだな、と。Tくんは合格発表を見たその足で来てくれました。K應志木高校に受かって、大学では法学部に進みたいそうです。すっかり大きくなって、隣にならんだ元担任のJさんがちいさく見えます。

面接のとき、試験官の先生から「合格したら何をしますか?」ときかれて、Tくんは「保育園にあいさつに行きます」と答えたそうです。 そう答えたTくんも、合格にした学校も、なんて素敵なのでしょう! 私はK應のファンになりました。

3月22日、姉妹園の豊玉第二保育園の年長クラスが「のしお」にやってきて、ポニーと一緒に空堀川へ散歩に出ようとしていたときです。卒園生Yくんがおばあちゃんと一緒に現れました。この1年浪人生活をするのが決まった報告と、どうしてもW田大学に入るのだ、という決意表明に。 前の日の夜に「保育園に一緒にいこう」と電話があったんですよ、とおばあちゃんは自分の2倍くらいの背丈になったYくんを見上げてニコニコしています。私も、もう18年も前のことになるのですねえ、つぼみ組に入園が決まったYくんのことが心配で長文のお手紙をいただいたのは・・・とお話ししました。

合格の報告を聞くのは、とてもうれしいことです。浪人が決まったと報告に来てくれるのは、保育園としてはすごくうれしい、です。人生の節目のところで思い出してくれて、ありがとうYくん。この1年しっかり勉強して、来春の朗報を待っていますよ!

Posted at 2013年04月10日 16時28分50秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*