社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー

かもさん通信  2013年4月


4月、園では、初めて親と別れ、泣いている幼い子どもたちの声がきこえています。
慣らし保育の間は、お母さんお父さんのそのお母さんが送り迎えを引き受けてくださっている姿も多くみかけます。
「来週からは、もうわたしがいないから大変だけど、子どもとは量より質だからと話しているんです。」
と、東北気仙沼から来てくださっているお母さん(おばあちゃん)が、懐かしい(わたしも東北の出身です)東北のなまりで話してくださいました。
そうなんですよね。親も子どももせつないけど、子どもと大切なのは時間の長さじゃないから、と。
でも、もうしばらく一緒にいられる今があるのなら、そのしあわせなときを大切に。
あっという間に巣立っていってしまいますから。

Posted at 2013年04月10日 09時08分17秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*