社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー

(2010年4月)          「あしたは、もっとうまくやれるかもしれない」

 
 保育園で仕事をしていてよかったなあと思うのは、「絵本と仕事が直結」していることです。ときどき「保育士はいいですね、こどもと遊ぶのが仕事でしょ」と言われますが、それはあまり保育園をご存知ない方で、実際には保育は手も口も足も目も(ベテランになると背中にも大きな目玉がつきます)、そして頭をたくさん使う仕事です。わたしみたいな園長に「態度は落ち着いて、頭はフル回転で動かして!」とハッパをかけられる大変な仕事であります。そんな緊張の連続の日々だからこそ、絵本は保育士にとって仕事のツールをこえた「心のオアシス」的存在なのでしょう。

 何もかもうまくいかない・・と感じるとき、読むと笑いだしてしまい、わたしもおかみさんみたいにやらなくちゃ、と自分をリセットできるのがワンダ・ガアグの「すんだことはすんだこと」(福音館書店)です。小さな版の白黒の挿絵の本ですが、奇想天外なストーリーで特に牛の表情が・・(もう笑う)。じぶんの仕事よりおかみさんの仕事のほうがずっとらくそうに思えたおやじさんが、おかみさんにぶつぶつ愚痴をこぼします。すると、おかみさんは「あしたからしごとをとりかえっこしてみようじゃないの」と提案。翌日うちに残ったおやじさんの身に起こったのはとんでもない災難ばかり。しくじるたびに「しょうがない、すんだことはすんだことだ」と肩をすくめて、めげないおやじさんですが、最後はすっかりしょげて反省します。そのときのおかみさんの言葉がいいのです。「はじめは、ちょっとたいへんだけど、・・でもあしたは、あんた、もっとうまくやれるかもしれないよ」。わたしだったら鬼の首をとったみたいに「ほーら、だからいったでしょ!」と言いますね。このおかみさん、ただものじゃない。ふさいでいた気持ちが明るくなります。

 トロル・フランブラの8人の醜い男の子の名前ご存知ですか?
「おおかわいいこ」「まあかわいいこ」「なんてかわいいこ」「とってもかわいいこ」
「すごくかわいいこ」「ほんとにかわいいこ」「めちゃかわいいこ」「なんともかわいいこ」。
絵本は子育ての原点を教えてくれます。


Posted at 2010年04月09日 11時20分06秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*