社会福祉法人のゆり会 のしお保育園は清瀬市西部に位置し、0歳児からの未就学児童を都営住宅の一階にある保育園で、お家と同じようにゆったりと健やかに育てます。
メインメニュー

(2008年9月)                   会いたかったな

母方の祖父母は私の生まれる前に亡くなっていますので、現実の思い出はありません。その分いろいろな人から聞いて(なにしろ母は12人きょうだいの11番目です。伯父伯母もたくさん!)祖父母の像が鮮明になった気がします。

祖母については以前にも書いたように、どの子どもからも慕われる公平でやさしく、我慢強いひとだったようです。亡くなって1年後に生まれた私はスミという音をもらって純子になったけれど、どうも名前負けしたらしいといわれています。

孫が生まれてみると、誰にも似ていて、刻々変わっていって、たしかにこの子のうしろに何万、何百万のご先祖様が(遠くたどればアフリカの人類の大先祖サマまで)つらなっているのだと思えます。
コーヒーが好きで、佐渡で苦心さんたん飲めるように「発明」に励んでいたという祖父は、当時の絶海の孤島・佐渡ヶ島を思うと、面白そうなひとだったのだろうな、会いたかったな、と思います。
また、孫には曽祖父にあたる私の舅は、息子の誕生後半年で軍医として戦争に行かねばならず、フィリピンで壮絶な戦死をとげました・・。
 
9月は保育園でも「敬老おたのしみランチ」があります。
不思議ですね、ちょっと前までうやまう方でしたのに、うやまって頂く側にしっかりなりました!
ランチが始まる前に「つゆくさ」の部屋で孫談義に花をさかせる日をたのしみにしています。
孫の顔を見ることなく世を去った祖父母や舅たちの分も、孫のかわいさについて話したいと思います。

Posted at 2008年09月03日 16時08分14秒

 
この記事へのコメント



素敵な、保育園ですね。

うちの子も、保育園児でした。

今は、どこでも、子育ては大変ですよね。

息子の通っていた、保育園は、今いろいろ、もめているみたいです。

こちらの保育園のように、オープンに、して頂ければ・・

ささいな、もめごとも無くなるのにと、思いました。
Posted by 小学生のママ at 2008/09/16 15:27:33

コメントを書く



== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*