アートの『できたらいいな』をカタチに。 お気に入りの作品が欲しい、素敵に額装したい、版画で作品を作ってみたい、個展やグループ展を開いてみたい・・。 天勇グループでは、お客様それぞれのニーズに応じた、アートの『できたらいいな』をカタチにするため、お客様それぞれにあったアートのお手伝いをさせて頂きたいと思っています。 “天勇”“あーとスペース夢玄”“慈風舎”が、さまざまにバックアップ。 お客様のさまざまなアートの『できたらいいな』を最大限実現するため、天勇グループでは作品の販売、制作、発表と、それぞれの立場のプロフェッショナルが、お客様とご一緒に、アートをお望みのカタチにさせて頂きます。 また、版画制作におきましては“今泉版画工房”が協力工房としてサポート。アートの輪がぐんと広がります。
メインメニュー
コンセプト

この版画工房は・・

今泉版画工房

この版画工房は


私自身の仕事場として開設しました。
ここではインタリオ(銅版画・コグラフ)、スクリーンプリント(シルクスクリーン)
デジタルインクジェット、そしてそれらを混ぜ合わせた制作をしています。

作家との共同制作の場であると同時に、ビジターに有料で開放しています。

銅版画を刷りに来る方、写真のプルーフィングをする方、絵画作品をスキャニングしてデジタル・アーカイヴする方、デジタルプリントアウトする方、銅版画にスクリーンプリントでイメージを転写する方、スクリーンプリントの上からインクジェットする方、インクジェットプリントに切り抜き銅版画を空刷り・エンボスする方・・・

色々な人がやってきます。

教室ではありません。コースなど無いです。何も持たずに来たら、何も起こりません。
つくる意思さえあれば、方法はいくらでもあると思います。
自分のことを自分でやろうとする方に総ての機材を提供し、お手伝いをしようと思います。

過去30年つ描くプリンターとして、複製版画はほんの少ししかつくりませんでした。
殆ど作家が版をつくる共同作業です。そして半数が版画制作の経験のない方との制作でした。
職人集団でつくる複製版画では味わえない面白い経験を楽しみました。

ルールは無し。
好きなように面白く作ればよいと思います。


今泉浄治

Posted at 2009年01月21日 09時38分01秒  /  コメント( 0 )