アートの『できたらいいな』をカタチに。 お気に入りの作品が欲しい、素敵に額装したい、版画で作品を作ってみたい、個展やグループ展を開いてみたい・・。 天勇グループでは、お客様それぞれのニーズに応じた、アートの『できたらいいな』をカタチにするため、お客様それぞれにあったアートのお手伝いをさせて頂きたいと思っています。 “天勇”“あーとスペース夢玄”“慈風舎”が、さまざまにバックアップ。 お客様のさまざまなアートの『できたらいいな』を最大限実現するため、天勇グループでは作品の販売、制作、発表と、それぞれの立場のプロフェッショナルが、お客様とご一緒に、アートをお望みのカタチにさせて頂きます。 また、版画制作におきましては“今泉版画工房”が協力工房としてサポート。アートの輪がぐんと広がります。
メインメニュー
2008-09 の記事

あーとスペース夢玄の...


これは、9月15日〜9月21日に開催された婆-孫展傘寿の賛の
婆、柿坂三千代さんの作られた帽子の数々です。
後ろにあるのは、木彫のブローチ。

柿坂さんは昔、仕立てのお仕事をされていました。

現在は木彫・革工芸・裁縫と、とにかくモノをつくるエネルギーに
満ち溢れ、つぎつぎとつくりたいものをつくりだす。
そのパワーは私たちの想像をはるかに超えます。

今年傘寿を迎えるお婆さんのために、芸大生であるお孫さんが
手がけた作品展。

純粋に、モノをつくりだすことの意味を考えさせられる
そんな作品展でした。

Posted at 2008年09月24日 16時40分59秒  /  コメント( 0 )

あーとスペース夢玄の...



今回は、9月8日〜9月14日に開催した大阪工業大学工学部空間デザイン学科に
所属する11人のみなさんの展示会です。
建築・インテリア・プロダクト・ヴィジュアルの幅広い分野を学ぶ11人が、
『感覚』を手がかりに様々なものをデザイン。
 
新たに『感覚』(視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚)の要素を足したり引いたり組み合わせたり
することで、今までにない新たなデザインが生れるのではないか、と考えた作品が並びました。

展覧会が始まるまで、一体どんな展示会になるのか
予想がつきませんでしたが、それぞれの感性と自由な発想で挑戦してみようという
若い意欲が感じられたものでした。

これから、モノを作り出してゆく担い手として
物事を固定観念だけにとらわれないところから発想する事の大切さ。

そういう意味での『投げかけ』に意義がある貴重な展示会だったと思います。

Posted at 2008年09月22日 18時49分10秒  /  コメント( 3 )

安川眞慈の新刊がでました

安川眞慈の新刊が出ました。
なんと、一度に2冊。
創作絵本です。これで創作絵本は4冊。
出版書籍は12冊になりました。

タイトルは「おつきさん」と「鬼さんこちら手の鳴るほうへ

さあ、すぐに本屋さんに見に行こう!!
天勇でも販売しています。
お気軽にお問い合わせ下さい。
おつきさんの力はすごいぞ。
不思議だぞ。
おつきさんのココロを
そっと開いてみよう。
いろんな色のおにさんどこにいるの?
わんぱくさん。
悲しみさん。
いじわるさん・・
みんな集まれ、手の鳴るほうへ。

Posted at 2008年09月20日 18時40分59秒  /  コメント( 0 )

津田耕の新しい版画で...

津田耕のジャズシリーズ版画に新作が出来ました。

津田耕独特の「線」が生き生きと描かれている作品です。
額装価格は¥31.500-
サイズ47×40cm

Play

Posted at 2008年09月20日 18時00分58秒  /  コメント( 0 )

横山和男個展案内

横山和男油彩画展
2008年9月23日(火・祝)〜29日(月)
そごう千葉店 7階美術画廊

*自然の豊かさを情緒豊かに表現する横山和男のそごう千葉店での初の個展です。
 奥入瀬やアルプスの風景、椿などの花を繊細に描きあげています。

 お近くの方は、是非ご覧下さい。

Posted at 2008年09月20日 17時42分32秒  /  コメント( 0 )

2009年 干支の色紙出...

*安川眞慈の2009年の干支「丑」の色紙出来ました。
安川眞慈ならではのユーモラスな牛達の色紙です。

全部で6種類。

他の新作色紙とあわせてまもなく「ショッピング」で販売予定です

原画色紙 すべて 各5,250円です。
>

Posted at 2008年09月19日 18時48分38秒  /  コメント( 0 )

新しい色紙出来ました。

安川眞慈の新しい色紙出来ました。

*季節を感じ、四季の移り変わりを楽しんでいただく色紙

正月から始まって節分、ひな祭り、端午の節句・・と続く四季折々の歳時記を色紙に描きました。
全部で14種類、どれも楽しい作品です。

「実り豊かに」お月見


*一年中通して楽しんでいただける図柄

「ふくろう」や「お地蔵様」など安川眞慈のかわいいキャラクターが勢ぞろいの色紙です
こちらも全部で14種類です。

Posted at 2008年09月13日 18時39分38秒  /  コメント( 0 )

袋布向春園さんのオーダーで作品つくらさせて頂きました

9月の末に高槻の松坂屋さんの中に日本茶とスイーツの店をオープンされます。その壁に掛けて頂く作品です。

井上社長様と奥様に新しい店舗のイメージやコンセプトをお聞きして、相談しながらお創りした作品ですが社員の皆様にもとても気に入って頂いたみたいで、うれしいかぎりです。

井上社長様との出会いは偶然にも慈風舎の前を通っていただいたのがきっかけです。
ご縁とはこんなものなんですね。

袋布向春園さんは150年の歴史を持つ日本茶の専門店で、最近は日本茶とスイーツのお店を国内だけでなくニューヨークでも展開されるという、お茶に関する幅広いお仕事をしていらっしゃる会社です。

今回安川先生の文字をブログの案内に使っていただいたり、名刺のデザインをさせていただいたりとても楽しい仕事でした。

左下のバナーリンク先に「袋布向春園本店」がありますのでHPも是非ご覧になってください。

Posted at 2008年09月13日 18時26分30秒  /  コメント( 0 )

安川眞慈の個展最新案内

2008年11月6日(木)〜11月30日(日)
谷崎潤一郎記念館のロビーギャラリーで個展を開催いたします。

墨彩画を中心にポストカードや書籍等、楽しい作品達がいっぱいです。

11月23日(日)は一日体験教室を開催して、その場で楽しい作品つくりを楽しんで頂こうと言う企画もございます。
詳しくは「谷崎潤一郎記念館」までお問い合わせ下さい。

谷崎潤一郎記念館
芦屋市伊勢町12-15
TEL 0797-23-5852 FAX 0797-38-3244
開館時間 午前10時〜午後5時
休館日  月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)

Posted at 2008年09月13日 17時51分55秒  /  コメント( 3 )

あーとスペース夢玄の...

「ワードで作ったお絵描き展」の内藤敬子さんの作品

何より驚きなのは、特別なイラストソフトなどは一切使わず、マイクロソフトのワードにある
“オートシェイプ機能”を使って描いておられる事。

決して、パソコンだから=簡単に描ける、というわけではありません。
彼女のデモンストレーションを見れば、それがいかに根気のいる作業かわかります。


本来この作品は、一本の桜の木を描くのに四連作に仕立てられたうちの一作品で
四点が合わさる事で、ひとつひとつの作品が引き立て合い、大きな木の広がりを
より一層感じさせるものとなっています。

桜の花びらの淡いグラデーションも何とも言えないニュアンスです。
小さな女の子が桜の木の下で花びらのネックレス作りをする、メルヘンチックな世界。

何より彼女の作品は気持ちがよく。

妥協を許さず、とことん納得のいく仕上がりを目指した、そんな緊張感が
感じられる一作です。

今回は初めての個展。

次はどんな空気を感じる作品となるでしょうか。

Posted at 2008年09月10日 15時59分53秒  /  コメント( 0 )

 1  2  | 次へ