押し花しま専花では、身近に押し花を楽しんで頂きたく、押し花の作り方、押し花作品の作り方や生徒さんの押し花作品をご紹介しています。
メインメニュー
2009-08 の記事

投稿押し花作品

投稿して頂いた押し花作品を紹介いたします。

私が、このサイトを4,5年前に開設してから押し花素材を良くご注文いただいている方で東京在住のTKさんです。

1回もお会いした事がないのですが、電話で何度か話しをさせて頂いたり、私が山菜を送ったり
また、TKさんからお菓子などを頂いたり、仲良くさせて頂いています。

素敵な押し花作品を作られる方ですよ〜〜〜^^






私がこの様な押し花作品を作りたいと思っても中々出来るものではありません。
TKさんだからこそ作れる押し花作品だと思います。

TKさんらしい押し花作品をいつまで作って頂きたいと思います。

心からエールを送らせて頂きます。

Posted at 2009年08月24日 17時06分52秒  /  コメント( 0 )

生徒さんが作った押し...

8月5日の押し花教室で作った生徒さんの押し花作品です。

いつもは、私がEさんの家に出向いてEさん含めて3人を指導させて頂いています。
今回は、私の教室に来て押し花作品を作られました。
この方達は、プレッサーの資格を持っていますのでご自身でもちろん押し花作品を
作る事ができます。
この方達は、インストラクターになって教室を運営したり、人に教えたいというより
押し花作りや押し花で作品作りを楽しみたい人達のグループです。

この方達は、私の教室にこられてから7年位は経ちますでしょうか?
ほんと・・・長いお付き合いです。
お互い気心もしれてMさんは、いろんな山野草を育てていますし、山野草に詳しい方です。
Eさんは、野山に詳しく、山菜や山のもの詳しい方です。Wさんは、ご主人が持病を抱えて
体調が良いときに習いに来ますが、この3人は、仲の良いご近所さんですね。
この方達は、70歳は超えていますが、とても70才には見えない程、若いです^^

私の親程、年齢は離れていますが、とてもとても気持ちは50代の方達ですよ〜〜^^

     ★この押し花作品はMさんの押し花作品です。
           ↓ ↓


     ★この押し花作品は、Wさんの押し花作品です。
               ↓ ↓


      ★この押し花作品は、Eさんの押し花作品です。
                ↓ ↓ 


押し花は、いろんな花や葉が、絵の具代わりなっていていろんなデザインのやり方があります。
日本がや油絵もいいですが・・・・押し花は押し花の良さがあり飽きないですよね〜。

野草採集がてら自然に触れることも出来、ストレス解消にはなります。
春には、山菜採りもかねて秋には、きのこ採りをかねて野草採集です^^
もちろん押し花の材料集めが目的ですけど、山菜やきのこも捨てがたいです。

Posted at 2009年08月07日 09時26分35秒  /  コメント( 0 )

生徒さんが作った押し...

8月1日(土)の押し花教室で生徒さんが作った押し花作品です。
この方達は、他の押し花教室になっていますが
私の所へは、作りたい物がある時に車で1時間かけて習いにきます。
いつもお弁当持参で1つの押し花作品を完成していきます。

この方達は、私の教室全体の作品展を3年位前に北方博物館の屋根裏ギャラリーで
開催した時に見にこられてそれからのお付き合いです。

これをきっかけにして他の押し花教室に習ってる人を作りたい作品がある人は
受け入れる事にしました。

今は昔と違っていろんな押し花教室がたくさんあります。
フラワーアレンジが得意な先生、風景画が得意な先生、押し花で動物作りが得意な先生など
たくさんいらっしゃいます。押し花で作る風景画にしても川や滝など自然の風景を得意な
先生もいらっしゃれば、ヨーロピアン調の風景画が得意な先生とさまざまです。

習う側は、いろんなデザインで押し花作品を作って見たいと思います。
食べ物と同じだと思います。最初はおいしいと感動しても毎日、同じものを
食べてると違ったものを食べて見たいという感覚ではないでしょうか?

         ★Kさんの押し花作品です。
              ↓ ↓

この押し花作品は、おぼろ月夜のイメージです。
この押し花作品は、昨年、五頭ぽっぽさんで押し花作品展を開催した時に
私の生徒さんであるTJさんが作った72額の押し花作品です。
これを見られてKさんが作って見たいといわれ49額で作りました。
月は、花張りシールに黄色の和紙を張って作ったものです。
おぼろ月に見せるために月のまわりに綿花と台紙と同色の薄紙和紙を使ってみました。
木は、白樺の皮を使用しています。今回、皮には、白と黒のカラースプレーを
かけて光と影をだしてみました。


         ★Wさんの押し花作品です。
              ↓ ↓

この押し花作品は、私が去年の春に作った36サイズの押し花作品です。
このガラス風の花器は、オーガンジーと薄紙和紙と透明のセルロイドを使用しています。
これを応用するとシャボン玉も作れます。
また、薄紙和紙を薄紙色和紙を使用するとカラーのガラスの花器になります。

私は、細かく時間をかけて押し花作品を作った後は、しばらく大作を作る気持ちはなくなります。
生徒さんもそうですが、作品展に出品する作品を制作中は、そっちに集中して
完成するとホッとして生徒さんと一緒においしい店があると食べに行ったり
野草を採集しに野山を散策したり、近くの温泉に行ったりかな〜^^

ぽっぽさんに年に1度作品展をするのは、ぽっぽさんがお風呂はあるし、食事ができるし
おいしいケーキセットがあるからなのかもしれませんね^^
それと森の中のペンションなんでゆったりくつろげるからだと思います。

Posted at 2009年08月04日 02時08分57秒  /  コメント( 0 )