押し花しま専花では、身近に押し花を楽しんで頂きたく、押し花の作り方、押し花作品の作り方や生徒さんの押し花作品をご紹介しています。
メインメニュー

26(A4)サイズで作る押し花風景画

私の教室では、押し花風景画を作る際は、手染めの厚和紙、色和紙で薄紙和紙、極薄和紙、オーガンジー(白、黒)やチュール(白、黒)などを使用して奥行きのある押し花風景画を作っています。もちろんパステルを使用していますが、和紙の補佐的な教材として使用していましたが、今回は、パステルを主体にして作画をしてみました。



【使用教材】
・26エデンアイボリー花絵額フルセット
・オーがジー(白)
・極薄和紙(黒)
・パステル(パープル、白、ピンク、黒、こげ茶)
・押し花パウダースプレー
【使用押し花素材】
・タケニグサ ・ホラシノブ ・夕霧草(薄紫)


土台になる台紙は、コーマブロードを台紙にし、その上にパステルを使用して書いています。
その上に押し花パウダースプレーをかけてなじませ乾いたら遠い部分になる木々の押し花を配置し、その上からオーガンジーを置いて近くになる木や草の押し花(ホラシノブ、タケニグサ)を配置しました。
朝の薄暗さを出す為、タケニグサは、黒っぽくなる様に処理をしています。
ホラシノブは、黒っぽくカラースプレーをかけています。
※タケニグサは、花が咲く前のつぼみでグリーンな物を新聞紙に挟んで押し、数日、新聞紙に押したままにして黒くなったら乾燥マットに移し、良く乾燥します。
そうすると黒っぽ物やこげ茶色のタケニグサの押し花が作れます。

試してみてください^^
その押し花素材を使って夕暮れの作品や朝焼けの押し花作品を作りたい時に重宝します。
また、影になる木々を表現したい時にも重宝しますよ^^

Posted at 2012年03月22日 18時48分19秒

 
この記事へのコメント
コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*