押し花しま専花では、身近に押し花を楽しんで頂きたく、押し花の作り方、押し花作品の作り方や生徒さんの押し花作品をご紹介しています。
メインメニュー

コスモスの押し花作品の作り方 NO,2

今回は、この作品のデザインから出来上がるまでを掲載いたします。



【用意する物】L49フローラルピンク花額キット(キャンパスL49、額のキット)1セット
※キャンパスL49は、台紙、クッション紙、アルミ、乾燥剤、脱酸素がセットされてる押し花額専用のキットです。
ハサミ、ピンセット、花レジン2本半、極薄グラデーション和紙(品番57644301)NO,1802
極薄和紙(黒)、帯電防止クリーナー、ティッシュ、パステル(ブラウン)
.ッション紙の所にパステルでテーブルを書きます。

◆´,両紊剖貿グラデーション和紙を台紙の大きさに切って乗せます。

 △棒莢鷓遒辰寝嵒咾鮠茲擦泙后この時、花瓶の裏側に花レジンを少し付けて
  固定させます。

ぁゞ貿和紙の黒をこの様に切ります。切った物をの花瓶の下の方に影としておきます。

ァゞ貿グラデーション和紙を花瓶の所まで剥がし、コスモスをこの様に置きます。

        ↓コスモスを置いたら極薄グラデーション和紙をまたかぶせます。

Α]損罎硫爾肪屬い織灰好皀垢見える様に外側から内側にデザインしていきます。
  ガラスを抜いた額をデザイン面に乗せて出来上がりの確認をこの時します。

         ↓
この時にコスモスのような花びらが薄くて下の押し花を置いたものが透けるようでしたら
花張りシールを下の様にして貼り、それを切り取ってから中心部分に乗せます。

         ↓これが花を花貼りシールを張って乗せたものです。

С曚離ラスをティッシュにクリーナー液を少ししみこませふきます。
     ↓
 アルミ箔を出し、アルミ箔の上に脱酸素剤、乾燥剤を乗せます。
     ↓
 その上にデザインしたものを台紙といっしょに乗せます。
     ↓
 台紙とアルミ箔の間に花レジンを2本半、均等になるよう出します。
     ↓
 ガラスをその上から乗せます。
     ↓
 アルミの1箇所をすみを剥がし、空気を抜くためのストローをさします。

     ↑
 この時点で空気を抜き真空状態にします。
     ↓
 空気を抜いたら裏返しにしてスプーンで花レジンを塗った部分を均等に延ばしていきます。
※この時、余分の花レジンは、ティッシュで綺麗にふき取ります。
     ↓
空気を抜いた押し花作品を額に入れます。
額に入れたら表側のガラスをティッシュに拭いて出来上がりです。


いかがでしたか?
まだまだこの押し花作品は、ほんの一部でしかありません。
幾らでも手の込んだものは、作れてしまいます。
押し花は、日本画や油絵の絵の具の代わりが、花や葉や草なだけですから・・・・。
押し花をやりはじめると押し花のとりこになりますよ〜〜〜^^

Posted at 2008年11月13日 18時48分47秒

 
この記事へのコメント



ルイヴィトン 店舗

お世話になります。とても良い記事ですね。
Posted by ルイヴィトン 店舗 at 2013/07/08 06:47:44

コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です *

*