押し花しま専花では、身近に押し花を楽しんで頂きたく、押し花の作り方、押し花作品の作り方や生徒さんの押し花作品をご紹介しています。
メインメニュー
WHAT'S NEW

生徒さんの押し花作品

この生徒さんの方は、新潟内の遠方から月1回一泊2日で押し花を習いに来られています。
押し花インストラクターを目指して頑張っていらっしゃいます^^
2011年7月2日〜3日と来られ、完成させました^^
私は、近くの駅に迎いに行きます。
1日目は、9時半〜17時まで2日目は9時半〜15時までと教室をさせて頂いています。
押し花が大好きで大好きで私のサイトから2,3年前に「本格的に押し花をやりたい方」を購入して頂いた方で今は、この様な形で習いに来ています。

★Hさんの作品  2011年7月3日に完成

【使用教材】
・スティック型キーホルダー
・きらきらっこ
・両面シール
【使用押し花材料】
・こでまり(吸い上げ染め)
・かすみ草(吸い上げ染め)




★Hさんの作品  2011年7月3日に完成

【使用教材】
・楕円ウッドプレート
・ウッドマグネット(5個セット)
・帯電防止フィルム透明(S)
【使用押し花素材】
・ミニバラ(赤、ピンク)
・きんぽうげ
・こでまり(吸い上げ染め)
・テッセンのツル




★Hさんの作品 2011年7月2日に完成

【使用教材】
・21ホワイトパレル花絵額フルセット
・パステル(イエロー)
【使用押し花素材】
・ミニバラ(ピンク2種類)
・レースフラワー
・テッセンのつる
・コデマリ八重咲き(吸い上げ染め)





★Hさんの作品  2011年7月2日に完成

【使用教材】
・26ホワイト花絵額フルセット
・26オリジナル台紙
・極薄和紙(深緑)
【使用押し花素材】
・フランネルフラワー
・あまな
・テッセンのつる
・ニンジンの花
・白樺の皮




一昨年は、東京に住んでる方が、わざわざ私の所に習いに来られてインストラクターの資格を取得しました。
今現在は、東京で押し花教室を開設して頑張っていらっしゃています^^
今度は、佐渡からでした。
佐渡は、新潟県内ですが、島ということもあってなんだか本音は、東京より遠くに感じました。
遠方からわざわざ私の所に習いに来て頂いてる生徒さんには、他の人よりもお金と時間が多くかかります。
1分足りとも時間を無駄にしない様に決められた時間内に決められたカリキュラムを終えて帰って頂きたいと思います。
だからこそ責任の重大さを実感しています。
 

Posted at 2013年08月21日 16時19分17秒  /  コメント( 0 )

アイロンを使って押し花を作る方法

「アイロンを使って押し花を作る方法」は、以前からちょくちょくやっていました。

私は、押し花のインストラクターの資格を撮ってから10年が過ぎました。

押し花教室に習い初めの生徒さん達に全員同じ事を言っていますが

押し花をきれいな色にするには、まず、植物の処理の仕方を間違えると

きれいな色の押し花にはならいということ。

それをまず、判断するのが、すぐにしおれる草花かどうかということ。

,垢阿砲靴れる草花=水分が蒸発しやすい

△覆なかしおれない草花=水分が蒸発しにくい←この処理の仕方は、次回ここに紹介します。

2,群屬鬚れいな色のまま、押し花を作るには

前にも言いましたが、いかに早く乾燥するかです。
    ↑ ↑
この ↓◆↓を頭の中に入れておくとどうやって草花を
処理すればいいのかの判断材料になります。

今回、この 銑の他に草花が、変色する温度と変色しない温度が
あるということですね。

その変色をしない温度で押し花を作るのが、「アイロンで押し花を作る

方法」です。

準備する物は、アイロン、ティッシュ、乾燥マット1枚、新聞紙(約5〜6枚)
押し版(なかったら硬い表紙の本1冊)、押し花にしたい草花
※乾燥マットに興味がある方は、http://angeltear.net にお問い合わせ下さい。
    ↓ ↓


_,携尿新聞紙→乾燥マット→ティッシュ→花、葉等の順に
アイロンの大きさに押し花したい草花を並べます。
 (※スチームアイロンの場合は、スチームの出ない部分の大きさ)
    ↓ ↓

並び終えたらティッシュをかぶせる
    ↓ ↓


◆´,両紊らアイロンで60秒間押さえる。(アイロンの低音の高め(化繊3))
  その次に乾燥マットの場所を移動して10秒間を2〜3回繰り返す
     ↓ ↓


 △旅程を終えたら一番上のティッシュを取って
  草花が乾燥したかどうかを確認する。
  (ピンセットまたは、手で持って見てピンとしいたら出来上がり)
  触ってしんなりしていたら10秒ずつ、△虜邏箸魎チ腓垢襪泙之り返す
     ↓ ↓

     ↑ ↑
5分もあれば、きれいな色の押し花が作れます。

私もこの方法は、どうしてもその花が押し花作品を作るときにほしいときや
急いで押し花教室で指導する際の見本作りをするときにも使います。

このやり方は、2年前にティニー(新潟テレビ)の「取れこれ1番」に
取り上げられて取材中に増子さんが、実際に押し花作りから暑中見舞いはがきに
押し花を貼り付けて完成するまでをやりましたよ。
これは、2006、7月に放映されました。
収録も無事に済み、喜んでいただきました。私も嬉しかったですね。

押し花をしたことがない初めの方でもすぐにできますから
試して見てください。
 

Posted at 2013年05月12日 11時09分51秒

生徒さんの押し花作品

昨年の12月中の押し花教室で完成させた生徒さんの作品です。
まだこの作品は、ご紹介してなかったので遅くなりましたが、ここでご紹介させて頂きます。

★Hさんの押し花作品 2011年12月3日作成
【使用教材】
・60パールゴールド花絵額フルセット・パステル(黒、ブルー、白)・オーガンジー(白)
・厚和紙(遊遊染め ブルー系)・薄紙和紙(夢ほのか染め ブルー系)・極薄和紙(白、黒)
【使用押し花素材】
・河原母子 ・カラムシ草 ・白樺の皮・木の根 ・紅葉の葉 ・金水引 ・タケニグサ ・苔 ・梅鉢草・シモツケソウ ・山人参の花


★Nさんの押し花作品 2011年12月13日作成

【使用教材】
・36楕円ブラウンレリーフ花絵額フルセット ・オーガンジー(白) ・パステル(イエロー、ピンク、サックス、ベージュ) ・トレッシングペーパー
【使用押し花素材】
・河原母子 ・銀ポプラ ・紅葉の葉 ・コデマリ(赤、パープル)、勿忘草

※クマのぬいぐるみは、全部河原母子を使用して作っています。
可愛さを出す為にパステルで色を乗せて作りました。


★Kさんの押し花作品 2011年12月22日作成

【使用教材】
・26ロイヤルベージュ花絵額フルセット ・26デザインシートブラック ・薄紙和紙(むら染め染め 赤X黒)
【押し花素材】
・エビツル ・イロタエキク ・チドリ草(ブルー) ・フランネルフラワー ・チンシバイ ・河原母子


いかがでしたか?
みんな生徒さんの力作です^^
押し花を長くしてると自分自身が、今まで作ってない物に挑戦したくなりますよね〜^^
押し花以外でもそうですよね?
段々、欲が出てくるというか、向上心なのでしょうね〜。
手の込んだ複雑のデザインをやって見たくて作ったら今度は、シンプルなデザインの物をやってみたくなったりします。
いつも同じ素材で作ると飽きては、どんどん違う素材を使ってみたりで私を含め、人って欲深い動物だな〜〜と思います。
だからこそ、こうやって教室をしていられるし、こんな私の所に生徒さんが習いに来てくれるんですもの感謝ですね!!
 

Posted at 2013年05月11日 16時53分18秒  /  コメント( 0 )

生徒さんの押し花作品

遠方から習いに来られてるHさんの押し花作品をご紹介します。
昨年の9月17日、18日と来られて完成したものです。
変形額の密閉の仕方、押し花立体フレームの作り方、色紙を密閉する方法を
学ぶ内容の押し花教室を2日間かけてさせて頂きました。

★2011年9月17日完成

【使用教材】
・36八角アイボリー花絵額フルセット
・厚和紙(厚あかね こげ茶系)
・パステル(白、黒、グレー)
【使用押し花素材】
・白樺の皮
・河原母子



私は、河原母子が大好きです^^
この河原母子は、目立たない花ですが、押し花額に入れると存在感を出してくれるんですね。
Hさんもこの作品を作って河原母子が大好きになった一人です^^
新潟には、この河原母子がない所もあります。
止まったホテルの裏側に河原母子が沢山咲いていたそうです。それを採取して感激して帰って行かれましたよ^^


★2011年9月18日完成

【使用教材】
・36パールクリーム額立体密封セット
・厚和紙(厚あかね深緑系)
・リボン
・ボンド、花レジン
【使用押し花素材】
・フランネルフラワー
・花かんざし
・タブの葉
・朝霧草のつぼみ
・くずのツル



この押し花立体額は、空気をぬかずに花レジンやボンドで押し花を接着して立体的にデザインなる様にデザインしていきます。
厚みのある木の皮や草花をいれても大丈夫です。
押し花作品の幅が広がって楽しいです^^

★2011年9月18日完成

【使用教材】
・色紙掛け抹茶
・防湿パック色紙
・薄紙和紙(夢ほのか イエロー系)
・極薄和紙(深緑、黒、茶)
【使用押し花素材】
・河原なでしこ
・岩しゃじん



通常市販されている色紙と同じサイズです。
ただ、乾燥材と密閉する為の袋がセットしてありますのでその為押し花の色の退色を遅くしてくれる効果があります。

どれも押し花を密閉する大切なカリキュラムです。
この密閉する技術があれば、押し花を色付けしなくてすみますよね〜〜^^
押し花を色付けすると自然らしさがなくなります。
私は、あくまでも自然らしさを残したいですね^^
 

Posted at 2013年02月11日 13時03分18秒  /  コメント( 4 )

生徒さんの押し花作品

遠方から来ているHさんが作られた押し花作品をご紹介させて頂きます。
2011年8月6日、7日の二日間で完成しました。

冬は日本海は波が荒くなって欠航する恐れがある為、天候が安定してる間に出来るだけカリキュラムを進めたいという事で通常の4倍で結構ハードですが、頑張ってついて来てくださっています。
目標があるという事は、返って励みになるのかもしれません。
今年のインストラクター登録講座を受講されてはれてインストラクターになられます。


★2011年8月6日完成の作品

【使用教材】
・36パウダーパール花絵額フルセット
・薄紙和紙(夢ほのか染めイエロー系、ブルー系)
・極薄和紙(白、黒)
・オーガンジー(白)
【使用押し花素材】
・白樺の皮
・しもつけそう
・苔・アスパラの葉
・ミニアジアンダム
・タケニグサ





★2011年8月6日完成の作品

【使用教材】
・36正方オールドグリーン花絵額フルセット
・36正方リースアレンジメント台紙
【使用押し花素材】
・ガーベラ
・ミニバラ
・デンファレ
・マーガレット
・ブルーサルビア
・クズの葉とつる




★2011年8月7日完成の作品

【使用教材】
・36シルバームーン花絵額フルセット
・36アンティークウォターベース台紙
【使用押し花素材】
・ミニバラ(ピンク、レッド)
・バイモユリの葉
・ヤブカラシ
・勿忘草(白)




★2011年8月7日完成の作品

【使用教材】
・はし袋なごみ5個セット
・アイロン紙かすみ
【使用押し花素材】
・あじさい
・バーベナ(赤、紫)
・かすみ草
・勿忘草




押し花教室で集中講座は、押し花で重要な基礎的な技術を最短で指導させて頂いています。
習いたい側の気持ちを汲んで私で出来る精一杯の事をさせて頂いています。
押し花を習いたい方の中には、趣味で楽しみたい人もいますし、一日でも早く資格を取得して押し花教室の運営や押し花関係の仕事をしたい人もいます。
私は、そんな方々の役に少しでもなれたら幸せです^^
 

Posted at 2012年12月03日 22時29分31秒  /  コメント( 1 )

生徒さんの押し花作品

2011年10月15日、16日と遠方から来られたHさんの押し花作品をご紹介いたします。
今回は、22正方額の作り方、49楕円額の作り方、49額の作り方、額の作り替えの仕方をこの2日間で学んで帰られました。
極薄和紙の使い方をマスターすることで奥行きのある押し花風景画を作る事が出来るんだと感心して帰って行かれましたよ。
料理でいったら隠し味になるんじゃないでしょうか?
★2011年10月15日完成
押し花パウダースプレーを使用してデザインする方法を学びました。

【使用教材】
・22正方ホワイト花絵額フルセット
・厚紙和紙(厚あかね深緑)
・シルバーのリボン
・押し花パウダースプレー
【押し花素材】
・フランネルフラワー
・河原母子




★2011年10月15日完成
49額で和紙、生地、パステルの使い方を学ぶ

【使用教材】
・49みのり花絵額フルセット
・厚和紙(厚あかね茶系)
・薄紙和紙(夢ほのか染めグリーン系)
・極薄和紙(白、黒、深緑)
・パステル(白、黒)
・チュール(黒)
【使用押し花素材】
・アジアンダム
・タケニグサ
・花かんざし・河原母子
・梅鉢草・ニンジンの花
・オミナエシ・トラノオ
・木の根




★2011年10月16日完成
変形額(楕円)の密閉の仕方を学ぶ

【使用教材】
・49楕円ブラウン花絵額フルセット
・ホワイトチュール(オパール)
【使用押し花素材】
・スプレーバラ(ピンク)
・ブルーレースフラワー(白、ブルー)
・デンファレ
・ディルフィニウム
・トラノオ
・アスパラ




★2011年10月16日完成
同じ作画にしていますが、左の画像は、極薄和紙を使わないでデザインしました。
右側は、陰影をつける為に極薄和紙を少しずつ入れています。
同じデザインでも1つは、平面的な出来上がりになりますし、もう1つの方は奥行きがある出来上がりになるのをご覧頂けたと思います。
ほんの少しの事だけど出来上がりは大きく変わると思います。
【修正前】                              【修正後】



2日間でこれだけ作りあげる事は、大変な事だと思います。
それでも弱音を吐かず頑張るHさんには、頭が下がります。
 

Posted at 2012年11月27日 14時12分33秒  /  コメント( 1 )

26(A4)サイズで作る押し花風景画

私の教室では、押し花風景画を作る際は、手染めの厚和紙、色和紙で薄紙和紙、極薄和紙、オーガンジー(白、黒)やチュール(白、黒)などを使用して奥行きのある押し花風景画を作っています。もちろんパステルを使用していますが、和紙の補佐的な教材として使用していましたが、今回は、パステルを主体にして作画をしてみました。



【使用教材】
・26エデンアイボリー花絵額フルセット
・オーがジー(白)
・極薄和紙(黒)
・パステル(パープル、白、ピンク、黒、こげ茶)
・押し花パウダースプレー
【使用押し花素材】
・タケニグサ ・ホラシノブ ・夕霧草(薄紫)


土台になる台紙は、コーマブロードを台紙にし、その上にパステルを使用して書いています。
その上に押し花パウダースプレーをかけてなじませ乾いたら遠い部分になる木々の押し花を配置し、その上からオーガンジーを置いて近くになる木や草の押し花(ホラシノブ、タケニグサ)を配置しました。
朝の薄暗さを出す為、タケニグサは、黒っぽくなる様に処理をしています。
ホラシノブは、黒っぽくカラースプレーをかけています。
※タケニグサは、花が咲く前のつぼみでグリーンな物を新聞紙に挟んで押し、数日、新聞紙に押したままにして黒くなったら乾燥マットに移し、良く乾燥します。
そうすると黒っぽ物やこげ茶色のタケニグサの押し花が作れます。

試してみてください^^
その押し花素材を使って夕暮れの作品や朝焼けの押し花作品を作りたい時に重宝します。
また、影になる木々を表現したい時にも重宝しますよ^^
 

Posted at 2012年03月22日 18時48分19秒  /  コメント( 0 )

私が大好きな花メラスフィルラ

「メラスフィルラ」という花は、2月末〜3月初旬までの花の時期が短く、市場に中々出て来ない幻の花と言っても過言では無い程の花です。
年々、調達が難しくなってきているようです。
多分、花同士が絡まったり、花がすぐに散ったりするからフラワーアレンジや生け花には向かない花なのでしょうね〜?!
でも押し花にはとっても向いてる花で私が大好きな花の1つです。
私が行きつけの花屋さんで昨年のうちから3ケース注文してでやっと3月10日頃に届きました^^
この花は、主役なれない花ですが、名脇役の花で主役の花をとっても引き立たせてくれる大事な押し花素材の1つです。
ドラマでも映画でもそうですが、脇役が良いと主人公がグーンと引き立って物語全体が面白くなるのと同じ様な気がします。

この花が、咲いてる時のメラスフィルラです。
        ↓ ↓

この花を押し花にするとこんな感じになります。
        ↓ ↓



この押し花素材を使って作品作りするとこんな感じになります。
         ↓ ↓



向かって左側が、18サイズの押し花額です。右側が21サイズの額です。
どちらもメラスフィルラを使用しています。
とっても重宝しますよ〜〜〜〜^^

18サイズの押し花額は、お嫁に行ってもう手元にはないですが、その方は、可愛いと喜んでくれました。
近年、プリザーブドフラワーが普及してどこでも目にする様になり、どこでも買える様になったらその方もそうですが、1点物がほしくなるようです。
額は、場所もとらないし、プリザーブドと比べて色が長持ちします。
ご贈答用として押し花額が見直されてる要因は、そこにあるようです。
 

Posted at 2012年03月22日 17時37分43秒  /  コメント( 0 )

生徒さんの押し花作品

2月16日と3月12日の押し花教室で完成させた作品です。
この方々は、プレッサーの資格を取られて今現在は、不定期に習いに来られています。
親戚の方や友達に「押し花額がほしいから作ってほしい。」とか誰かにプレゼントしたい時に
来られます。一人で充分作れる人達です。
多分・・・・・一人で作ると不安みたいです。
それと一人で黙々作るより、わいわい大勢で話しながら楽しく作るのがいいみたいです^^

★宮川さんの押し花作品 2月16日作成

【使用教材】
・49アップルグリーン花絵額フルセット 1セット
・チュール(黒)
・極薄和紙(黒、深緑、白)
・薄紙和紙(水色、グレー)
・厚和紙(厚あかね(グレー系(濃い部分))
・シルバーのカラースプレー
【使用押し花素材】
・冬わらび・タケニグサ(グリーン系)
・夕霧草(薄紫)・白樺の皮
・苔 ・アリッサム(白)
・アジアンダム

やっぱり大きな額は、押し花で作る風景画ですね〜。
奥行きが出ますし、飽きもこなくて長く飾っておかれますものね〜^^


★宮川さんの押し花作品 3月12日作成

【使用教材】
・18プレーン花絵額フルセット
・サテンクロス(チャコール)
・ファブリック転写シート(A)
【使用押し花素材】
・マーガレット
・レースフラワー
・メラスフィルラ

この押し花作品に使用したサテンクロス(チャコール)、ファブリック転写シートは、
今年、新しく出来た新教材です^^
英国風のシックでおしゃれな感じに出来上がりますよ^^




【使用教材】
・18ショコラ花絵額フルセット
・チュール(オパール)・デコシールカップ
・パステル(ピンク)
【使用押し花素材】
・メラスフィルラ・愛のかんざし
・レースフラワー・チドリ草(ピンク)

宮川さん自身、可愛く出来たと凄く喜んでいました^^
この額は、はがきサイズの額ですので作り安いと思います。
このチュールとデコシールカップさえあれば、初心者の人でも簡単に作れます。
教室をされてる方なら体験会の時に使用すると良いかも^^




【使用教材】
・L37チャコールブラウン花絵額フルセット
・薄紙和紙(厚口典具帖彩雲)
【使用押し花素材】
・冬わらび

ここに使用している冬わらびは、秋に出る山野草です。
観賞用で食べれません。
生えてる所には、群生して生えていますが、咲いてる時のタイミングが難しくて
私もここ2,3年は採取出来ないでいました。
所が、江口さんと宮川さんが山に行った時、群生してあったので沢山採取して押し花にしたそうです。それで冬わらびを使った押し花作品が多いんですね〜^^


★渡辺さんの押し花作品(2月16日作成)

【使用教材】
・36チョコレートブラウン花絵額キット
・綿 ・オーガンジー(白)
・厚和紙(厚あかね(ブルー系))
・薄和紙(夢ほのか染めブルー系) ・スノースプレー
【使用押し花素材】
・タケニグサ(ベージュ系)・カルーラ・ヨモギの花
・ヒバ ・紅葉の葉 ・白樺の皮

36サイズは、分かり易く言うとB4位の大きさです。
部屋に飾るには、大きすぎず、小さすぎず飾りやすい大きさだと思います。
渡辺さんは、雪景色が作った事がないから作りたいとの事で額が49サイズだともっとリアルに作れるのですが、今回は、額も小さいのでメルヘンチックな感じの出来上がりにしていました。


★渡辺さんの押し花作品(3月12日作成)

【使用教材】
・49みのり花絵額フルセット
・厚和紙(遊遊染めピンク系)
・極薄和紙(黒)
・オーガンジー(白)
【使用押し花素材】
・白樺の皮 ・苔 ・河原母子
・アオキの花 ・ホラシノブ
・木の根 ・紅葉の葉

ここでいう49サイズは、だいたいB4の2倍の大きさです。
大きい部屋に飾ると見栄えがします。
私達の押し花教室でも年に1度の押し花作品展に市の展覧会に出品するのは、最低49サイズからですね。

最近、趣味の世界は、いろんな趣味が沢山ありますし、情報も氾濫しています。
これから何か趣味を持ちたいと思ってる方々は、色々と試してそれでご自身が一番楽しいと言うものを極めたら良いのではないでしょうか?
私も押し花、プリザーブドフラワー、カリグラフィー、レカンフラワーと習いましたし、どれもインストラクターの資格も持っていますが、私は押し花が一番合ってたようです。
そんでもって現在に至っています^^
良い趣味を持ってるといつまでも若くいられますよ^^
 

Posted at 2012年03月22日 16時28分58秒  /  コメント( 1 )

生徒さんの押し花作品

この生徒さんの押し花作品は、昨年の市の展覧会に出品した作品です。
豊島さんは、7月中旬位から作品を手掛けて9月21日に完成しました。
本間さん、新田さんは、お盆明けから作品を手掛け10月6日に完成させました。
制作途中の物は、レッスンシート72の中に入れて保管しておきます。
ほとんど展覧会に出品するものは、会場も大きいせいか49額、60額、72額のどれかを使用して作品作りをしています。
押し花額の中で一番大きいサイズが72額です。
レッスンシート72を1つ買って置けば、このサイズに使えるので私の教室の生徒さんは、みんな
このシートを使用しています。
教材は、安くはないので出来るだけ使いまわし出来る方法を生徒さんにお伝えする事も大切かな〜と思います。

★豊島さんの作品  2011年9月21日完成(奨励賞受賞作品)

【使用教材】
・72シルバーパール花絵額フルセット
・薄紙和紙(厚口典具帖彩雲、銀波)
・極薄和紙(白、黒)
・オーガンジー
・パステル(イエロー、白、黒、ブラウン)
【使用押し花素材】
・カーネーション(組み立て)
・アスパラ
・銀ポプラ
・ヘクソカズラ



花瓶が映ってる様に見せる為に同じ花瓶を2個作っていれています。

★本間さんの作品  2011年10月6日完成

【使用教材】
・60銀閣花絵額フルセット
・極薄紙和紙(白、黒、深緑)
・薄紙和紙(夢ほのか染めブルー系)
・綿
【使用押し花素材】
・チンシバイ
・ミニアジアンダム
・タケニグサ(グリーン系)
・シモツケソウ
・二輪草
・木の皮(苔付き)
・白樺の皮
・アセビ(白)
・シダ ・イタチハギの新芽





★新田さんの作品

【使用教材】
・60銀閣花絵額フルセット
・オーガンジー(白)
・厚和紙(厚あかねグリーン系、茶系)
・極薄和紙(深緑、黒)
・パステル(黒、グレー)
【使用押し花素材】
・メシロの皮
・杉の皮
・苔 ・ヒバ
・河原母子
・河原母子(新芽)
・アリッサム
・アリッサム(サミット)
・ニラの花
・アジアンダム




私達が住んでる所は、新潟市内と違い、郊外です。
山や川が近くにあり、押し花素材の宝庫です^^(自然に感謝^^)
生徒自身が、草花を採取して材料にしています。
また山野草を趣味で育てている人や家庭菜園をやってる人など環境に恵まれているかも知れませんね〜〜〜^^
だから長く続くのかもしれませんね^^
 

Posted at 2012年02月24日 13時16分41秒  /  コメント( 0 )