信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。
2010-07-30 の記事

手形


ろくろに追われながら、
新しい商品の計画が進んでいます。
これは一般に販売するものではありませんが、
例の気功の先生の両手を
レリーフにして販売しようというプランです。
試験場に通う2号に頼んで石膏の手形を試験的に作ってきてもらいました。
近々先生がこられたときにやわらかい土に
両方の手を押し付けそれに石膏を流し込み
その原型にまた石膏を流し
レリーフ用の石膏型を作ります。
問題は原寸より小さくなることですが
素材でカバーできるようなので
相談しながら進めます。
土の固さによりますが、
顔だって、胸だってご注文あれば
作りますよ。


Posted at 2010年07月30日 21時54分40秒