信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。
2010-03-21 の記事

酒器展6


徳利で人間の姿態(酒を飲んでの)を
表しました。
一本一本姿形が違います。
よくある宴会風景をイメージしました。
寝ているのはさしずめくりさんか。
毅然、泰然として盃を口に運ぶ。
憧れますね。
最近少し飲めるようになってきました。
このシリーズはなかなかのものだと自負しています。
欲を言えば手取りの重さを少し軽くしたかった。
ヨイヨイ徳利 4000円。
詳しくは4月3日からの酒器展で。

おまけ。

今日は黄砂がひどかったですね。
黄砂自体がアレルゲンにはならないようですが、
付着している物質によって
アレルギーの発生を誘発することは十分考えられます。
さてこのアレルギー(アトピーなど)ですが、
さまざまな説が取り上げられていますね。
そのどれもが当てはまるように思えます。
そのひとつ、食品添加物について
ちょっとお時間を拝借。
平均一年間に摂る(口から)量はなんと
4キロ。
死体が腐りにくくなるはずです。
一つ一つの製品(成分)は安全とされていますが、
はたしてそれが組み合わさった場合どうなるかは
10年20年と待たなければ結果は出ません。
そして徐々にその結果が表れてきているように思います。
様々なアレルギーとして。
米食べて蕎麦食ってアレルギーじゃ
一体何食べればいいのですよね。
食品産業の持つ構造的問題、はたまた消費者の意識が
複雑に交じり合って簡単には解決できない状態に
入り込んでしまっています。
あれも怖いこれも怖い、
どうすればいいのでしょう。
すぐにできる、誰でもできる、ささやかだけど
的確な防衛策をお教えします。
それは、
ヨクカムコト
これが大事なことなのです。
良く噛めば唾が出ます。
この唾にはすごい酵素が混じっています。
これは偉大なる毒消しマンなのです。
30秒くらいは添加物入り食品と
あなたの唾液を混ぜ混ぜしましょう。
早食いはいけません。
良く噛みながらこれからの食の問題を
あなた自身のため、これから生まれてくる子供たちのために
考えてみましょう。
モグモグ。


Posted at 2010年03月21日 21時01分57秒