信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。
2009-10-01 の記事

キノコライト室内用


これはキノコの笠です。
10種類絵付け完了。
今日はその一部が入りました。
台に乗せて釣り焼きします。
ジクはジクで焼き、器具を取りつけて接着します。
5000円とプレゼントに最適な価格にしました。
200円のちびキノコ。
2000円のきのこコーヒー。
5000円のキノコライト室内用。
10000円のキノコライト屋外用。
キノコシリーズがもうじき完成します。

くりが通っている気功教室、空の会を主宰されている浦田先生から電話がありました。
2冊立て続けの執筆も一段落で、
前から話してました粘土に気を入れる話、今度の教室のあと
具体的にお話しましょう。
作品の販売も考えておいてくださいとのこと。
さてどんなものをその気の入った粘土でこしらえましょう。
あと1週間ほどで焼成も一段落。
その後でいろいろ考えてみるつもりです。
と言いながらすでにあれこれ考え始めているのです。
忙しい方がひらめきも冴えます。
霊感の壺だけは作らないよう戒めています。
普段頻繁に手にするもの。
いつも身近にあるもの。
エネルギーの出やすいもの。・・・・・


Posted at 2009年10月01日 22時13分14秒  /  コメント( 0 )