信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。
2009-04-26 の記事

ガラスのペンダント


くりの店に置いてあるガラスのペンダント類、
鈴木さんの作品ですが、新しいアイテムが登場しましたので
紹介します。
チェーンの無いペンダント。
チェーンは皆さんお持ちのものと合わせてくださいということ。
値段も手ごろでお求めやすいと思います。

さて今日はちょっとややこしい質問。
実存主義という言葉をご存知ですか。
物理学の世界では実在主義というそうですが、
簡単に説明しますと人がいなくてもものはそこに存在しているという考え方です。
なにをいまさら、あたりまえじゃないですか、と多くの方はおっしゃるかも。
しかし実は物理学特に素粒子物理学の世界ではその考え方はどちらかというと
分が悪い、マイナーに属するそうです。
ということは人が見る、観測する、意識するということで初めてものはその形を現わす。
何かずいぶん直感にそぐわない考え方に思える人が大半だと思いますが、
コペンハーゲン派と呼ばれる科学者の考え方なのです。
そして仏教の方でも唯識という思想がそれにほぼ符合するそうです。
川端康成、三島由紀夫などが傾倒した思想です。
じつは恥ずかしながらくりもなんかそんな考え方に魅力を感じかけているのです。
皆さんいっぺんそんなこと考えてみてはどうですか。


Posted at 2009年04月26日 21時33分14秒  /  コメント( 0 )