信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。
2009-03-22 の記事

ノミタカッタツムリ


変なタイトル。
こういうことなのです。
徳利として使えますが、ワインのデカンタージュに使えますね。
これはいろいろ作りまして明日から1ぴきづつ登場します。

くどいようですが今日も。
おしらせ
春の信楽アートな歩き方の期間中、例のお皿、分りますよね、例のあれです。
4月1日から5月10日まで、半額にします。
たぶん途中で無くなってしまうと思いますが、売り切れ次第やめます。
お見逃し無く。


Posted at 2009年03月22日 22時22分30秒  /  コメント( 0 )