信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。
2010-06 の記事

しがらき盃


これらは気功教室で販売予定の焼き物です。
気は物質の性質を変えますが、
その中でも顕著なのが味の角が取れて
まろやかになるということです。
二級酒が一級酒になります。(たとえ)

昨日の続きになりますが、
教室のあとは二次会、
そのあとは六曜社。
行ってみてびっくり。
実は火事のあとだったのです。
裏のタバコ屋さんから出火。
店内は水浸しだったそうで、やっといった日の夜から
営業が始まったとか。
20年前にも隣の花屋さんから出火、
そのときは4日間ほど休んだとか。
いずれにせよ大事に至らずほっ。
行った時間帯、サッカーのせいか
店内はがらがら。
おかげでこんなお話が聞けたのです。
ついでに書けば、
六曜社の名前は
前のお店から丸々受け継がれたそう。
60年前は六人の女性がカフェをやっていたそうで、
そこを引き継いでコーヒー専門店をされたそうです。
その前は隣のお店の二階でやっておられたそうです。
えらいうちわの狭いお話ですみません。
京都へお越しの際は一度よってみてはどうですか。
昼間の地下店がお勧め。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年06月20日 22時41分20秒

北大路魯山人


余りにくだらない写真で迷いましたが、
やはり載せました。
鴨川沿いの旅館たまやで北大路魯山人が亡くなる2ヶ月ほど前
川床の手すりにもたれぼんやり川か過去かあの世か
眺めているポーズです。
くりと魯山人を同じ舞台に乗せること自体
よほど無理があるのにやってしまいました。
旅館田鶴に着いたのが早かったおかげで
まだ人気の無い川床。
早速卓をどかせ座布団を足に置き、
ポーズを決めてパチリ(パシャ)
風格の点、衣装の点、年齢も、子供の数も(かれは30人くらいとも)
何もかも足元に及びませんが、
せめて好奇心くらいはそこそこであろうと
慰めています。
雨も降らず良かった良かった。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年06月20日 00時10分43秒

くり貯金箱3


ちょっと恥ずかしいアングルのくり貯金箱です。
近いうちにホームセンターで下に貼るフェルトを買います。
ためしに500円硬貨を入れてみましたが、
らくらくスルー。
オリンピック記念の1000円硬貨だってスルー。
逆に広すぎて逆流の可能性もあります。
皆さんもやった覚えありますよね。
下敷きの破片などでコインを取り出したこと。
これも7月一斉販売の予定です。
一個へって8個販売。
一個は目が取れました。

メールマガジンについて思いをめぐらせています。
このブログにもメルマガ登録コーナーがあり
すでに何人かの方に登録してもらっています。
でも申し訳ありません。
ずっとほったらかし。
この既製品のメルマガ、実はお客様の顔が見えてこないのです。
情報保護のためらしいのですが、
くりとしてはお客様のお顔と情報のつながりが欲しいのです。
そこで手作りメルマガを考えているのです。
来店された方、メールで申し込みいただいた方に
登録の意思を確認させていただき
そのかたがたへの特別のご案内をやってみようと思っているのです。
マガジンというからには週一がいいのかもしれませんが
とてもそれだけの特別はありません。
不定期に何かの案内や、おおっぴらに公開できない情報を
発信していきたいなと思っています。
もう少し考えて近いうちに正式な発表をさせていただきます。
そのときは出来るだけご協力よろしくお願いします。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年06月18日 21時06分54秒

風鈴2


わかりにくい画像ですが、風鈴のパーツです。
両面釉掛けして吊り焼きするためあちこちくっついて
だいぶロスしました。
針金は普通ですと熔けてしまいますので、
ニクロム線を使います。
それでも熱と重さで垂れ下がり
板がくっつきあってしまいます。
さかな、スイカ、ハート、くり、
モチーフはいろいろですが、
音の出る棒状の物はひいろか無地で
丸、四角、釣り針、などです。
ハンガーが出来上がったら組み立てに入りますが
もう少し先になります。
出来上がったらYou Tubeでアップするつもりです。
今日も窯でしたが、
少し休憩に工房に戻り
コーヒーを飲みながら
北大路魯山人の写真を探しました。
というのも次の土曜日気功教室ですが
食うの会で豪勢に川床を楽しむことになっています。
そこで晩年、亡くなる2ヶ月ほど前
彼がたまやで川床の囲いにもたれ
ぼんやりと鴨川を眺めている写真があります。
前に紹介したのでご存知の方もいらっしゃるでしょう。
あのポーズをぜひ写真にとって見たいのです。
めったに川床など利用できるものではありません。
今回そのチャンスになんとかポーズを決めようと思っています。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年06月17日 21時21分44秒

藁灰


ひたすら窯です。
今日はいろいろ新しいことに挑戦しました。
これはそのワンシーン。
この真っ黒なのは藁灰の釉薬です。
非常に高価な藁灰を6割も使った釉薬です。
マット系の乳濁系のやわらかい質感に焼きあがる予定です。
この藁灰、黒きことイカ墨のごとく、
荒きこと第二名神の橋脚の生コンのごとく、
濃きこと天一のこってりスープを丸1日煮詰めたごときなり。
苦労話はサラッとがモットー。
後は焼き上がりを楽しみに。(くりも。)
毎日ブログをお読みの貴方。
お手数ですが、スクロールをくりくりと一番下まで下げてみて
左のリンクバナーをクリックしてみてください。
このサイトは信楽の窓口です。
信楽を調べたければまずここをクリック。
食べ物から焼き物から信楽の今を紹介しています。
少し先ですが、
信楽トリエンナーレが10月1日から始まります。
www.kuri-potter.comその大事な情報もレアな情報もここから発信されます。
くりもこのしがらきだらけの盛り上げ隊員です。


Posted at 2010年06月16日 21時41分40秒

コーヒーカップ5


これは一部釉がけしたカップとソーサーです。
黄色いのは下地を掛けたもの。
黒いのは藁灰釉を上から掛けたもの。
近々の窯に入ります。
この藁灰釉は余りものの釉薬同士を
適当に混ぜ合わせたものです。
勘で大体どう出るかわかります。
これで捨てずにすみます。
昨日腰のことを話題にしましたが、
昨日は吉本バナナクラスでしたが
きょうはずいぶんと改善されました。
寝る前に腰を熱くなるまでこすり、
そのあと痛みのある部分を長い間手当てしました。
手当てとはただ手を当てていることです。
朝その効果が出ていました。午前中はほぼ普通に作業が出来ました。
午後からはさすがに疲れから少し違和感が出始めましたが
昨日ほどではありません。
今夜もう一度手当てすればほぼ治るでしょう。
気は生命が持つ治癒力を最大限発揮させる力です。
今の治療はほとんどが現象を抑えることに
終始しているようです。
痛みは痛み止め、熱は解熱、炎症は消炎。
自然治癒とはまったく逆方向のベクトルです。
もうしばらく窯できつい日が続きますが
気の力を借りて7月目指して乗り切ります。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年06月15日 22時01分46秒

洋ナシ


お客さんが棚の上のこれを見つけて
売ってください。
あのお非売品なんです。
でもこれはちとまずいと思い
2号に聞いときます。
今度こられるときには売れるようにしておきます。
そこらじゅうに非売品が増えると
この店は趣味でやってるの
なんて思われますから
出来るだけ値段をつけていくつもりです。
くりはその点淡白というか
どんどんなくなってくれたほうがいいのですが
やり始めはどうしても思い入れが出るのでしょう。
さて今日も窯ばっかりでしたが
棚板を持った拍子にかるいぎっくり腰状態になりました。
ちょっと突っ走りすぎたせいでしょう。
今夜は気功で手当てしてみます。
ここんとこ気功は大助かりです。
風邪がはやっていますが、
数日前のどが痛く初期症状でした。
そこで頚椎とのどを両手で挟み
気を送りました。
2日ほどで治りました。
また例のお薬の影響か
腸が変でした。
これは一晩で回復しました。
これほんとです。
腰が治ればもっと言いふらすつもりです。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年06月14日 22時20分42秒

キノコ青磁


2号は試験場で釉薬を勉強しているだけに
あれこれ新しい釉薬を試したがっています。
これは青磁釉をかけたキノコ。
見慣れないだけに新鮮です。
ぬめり感がリアルです。
毎年秋口にバックの山すそにこんなキノコが生えます。
色は違いますが、表面のぬめり感は一緒。
カタツムリに食べられますが、
今年は一緒にツーショットでもしてみましょうか。
くりも釉薬の試験を調合しました。
一般常識から外れたところに
宝物があるのです。
愛知川の土に硅石とフリットを混ぜてみました。
粘土を無理やり溶かすようなものです。
もうひとつは藁灰がほとんどで
そこに土灰と長石と硅石を混ぜて
温かみのあるマットを作るつもりです。
温度が合えばいいのですが。
今日はちょっと専門的で難しかったかな。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年06月13日 21時04分24秒

あわもじ


画像二種類共にお客さんからの依頼です。
笑は偶然字を書く前、ふと前を見ると
新聞にこんな感じで広告が載っていたのです。
まったくいいタイミングで見つけられました。
早速拝借。
くりは時々描いていますが今回は少しまとめて焼きます。
笑 ひいろ10個、水玉10個
くりの顔 ひいろ10こ 水玉10個
余談ですが、GoogleとかYahooであわもじ
と検索掛けてください。
なんとトップに出ます。
もしあわもじがテレビで取り上げられたら
くりのサイトはアクセス殺到。
残念ながらあまり話題にならなくて
特許も継続するか迷っているそうです。
現在2社が細々と作り続けているそうです。
くりはそのうちの1社です。
がんばれあわもじ!
今日も一日窯。
店番を2号に頼みひたすら釉がけ。
だいぶはかどりました。
そうそう皆さんも間違い電話したことも受けたこともあるでしょう。
プルルル 子機に電話です。
はいクレイスタジオくりです。
早口で答えました。
よっぽどの会社でないとはっきりと社名のわかる
応対は望めません。
は と です しかわからないところさえあります。
この場合もそうだったのか、
甘い女性の声でした。
寝てたんでしょ。
(昼前です。)
えー起きてますが。
えー?あれー?
どこへ掛けたのかしら。
ここ信楽ですよ。
あら、ごめんなさいね。
掛ける相手は男性だったようです。
昨夜遅くに別れたのであんなせりふが出たのかも。
決して若くは無いが魅力は感ぜられる声の持ち主。
きっちり履歴に携帯番号は残りました。
もちろんくりはそれを利用する気はありませんが、
考えてみたら恐ろしいことです。
いたるところ青山ありが
いたるところ奈落ありです。
くれぐれも間違い電話はしないように。
とくに特別な人との間においては。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年06月12日 22時00分34秒

窯詰め


お騒がせしまして申し訳ありませんでした。
アクセス制限を誤って掛けてしまいました。
早速お問い合わせいただいた方もいらっしゃいます。
無事解除してもらえました。
知らずににおられた方もいらっしゃると思いますが、
12時間ほどのブランク、あせりました。
こういった手違い今後ないよう、
全社一丸となって改善してまいる所存です。
ほんとごめんなさい。
さて、今日も窯で一日過ごしました。
メインはくりさら。
今日の窯に280枚ほど入りました。
一枚一枚10年間の感謝をこめて釉がけしました。
とまではいきませんが、めんどくさい作業を
そうマイナス意識にはならずにやりおおせました。
あと220枚です。
あとなんやかんやと思いついては掛け、
ついつい時間オーバーになってしまい
少し疲れが体にまとわり付きました。
大ダウンのときはこんな日が何日も続いての沙汰です。
そこは賢者となったくり、二の舞は踏みません。
でもこの窯詰め終了間際の逢う魔が時、
アレも試したい、これも掛けとこ。
ずるずると無間地獄への傾斜が始まります。
後ろ髪惹かれる思いで、窯場を後にしました。
明日があるさ明日がある、若くは無いけど明日がある。
www.kuri-potter.com


Posted at 2010年06月11日 21時30分50秒

前へ |  1  2  3  | 次へ