信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

窯から出てきました


しぶき模様のサンマ皿です。
二枚だけ焼きました。
35×11センチ
2060円


どんぶり大です。
火色と水玉と、久しぶりの赤のしましま。
おうどんやお蕎麦。
φ17.5センチ 高さ9センチ
1540円


舟形のボウルです。
真ん中は肌色にしぶき模様、左は茶色と呉須のしましま、右は白地にしぶき模様です。
パスタやカレーに。
縦27センチ 横19センチ 高さ6センチ
2570円


長い箸置きも焼きました。
11.5センチ
上から、呉須水玉、濃いブルーと茶色水玉、肌色にしぶき、グレーと呉須しましま、火色とピンク
310円
一番下はフランスパンの箸置きです。これも久しぶり。
12センチ
310円



ひな人形2種類。
上は濃いブルーに銀色の勺、朱色に金色の扇。
10組限定。
下は肌色にしぶき模様です。渋めです。
こちらは3組だけ。

男雛 高さ約9センチ
女雛 高さ約7センチ

金銀の方は3090円
しぶき模様は2880円

フェルトの敷物付です。

Posted at 2015年01月23日 16時10分35秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*