信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

切り身皿



来週の窯焚きのために絵付けをしています。切り身皿ひさしぶりに焼きます。
借り窯が火曜に前倒しになり、慌てて作業しています。来週は中断していた家の窯場の建設が再開されるし、なんだかバタバタしそう。

Posted at 2014年06月07日 10時55分28秒

 
トラックバック一覧



トラックバックURL :
http://cplus.if-n.biz/5001736/trackback/0432262