信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

時計が充実。



時計を焼きました。
前回焼いて可愛かった青いボーダーの他に、トルコ青のや白化粧の。
右側の白化粧の丸々デザインもなかなか気に入っています。

Posted at 2013年02月11日 10時43分53秒

 
トラックバック一覧