信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

長い箸置き焼けています



長い箸置き、補充しました。
火色地に鉄の、写真右上のは新しい柄です。
たくさん目がついてるみたいな柄になりました。

Posted at 2012年09月01日 15時48分34秒

 
トラックバック一覧