信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

丼大


おうどんやらおそばがちょうど一人前入るサイズのどんぶりです。
使いやすい大きさらしく、今日だけで4個売れました。
この間の窯に入りきらなかったので、水玉は品切れ中です。呉須のボーダーと、茶色のボーダーは在庫あり。
φ17センチ H9センチ
1500円です。

8日()は忌明けの法要があるため、店を閉めます。

ペギー(犬)も実は父の命日の4日後に死んでしまいました。向こうで合流してお父さんと散歩してるかな。

Posted at 2012年01月09日 11時37分54秒

 
トラックバック一覧