信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

上絵付け


雨でお客さんも少なく、
目一杯絵付けなどしました。
最初は膠のにおいが充満し
後半はテレピン油のにおいが立ち込めました。
初めて使う洋絵具はテレピン油で溶きます。
色見を兼ねて10種類全部つかいました。
泉の動物も塗りました。
焼きあがりは多分火曜日です。
楽しみです。

Posted at 2011年04月23日 21時20分40秒

 
トラックバック一覧