信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

玄関のペンダントライト


ペンダントライトが今回収めたものです。
壁の板付きのライトは6〜7年前に北川君との共作。
懐かしい。
今回のペンダントはろくろでこしらえポンスで
びっしり穴をあけました。
外からも見えるそうでけっこう評判だとか。
Kさん宅にはくりの作品がいっぱいあります。

今日は一日赤絵をしました。
近々赤絵を焼きます。
店内が晴れやかになります。
明日も店で絵付けと店番をします。
一人ですので在庫の分はお客さんと一緒に
取りに行ってもらいます。

Posted at 2011年04月22日 20時36分03秒

 
トラックバック一覧