信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

特大どんぶり


これは大きい。
生生地でφ22僂△蠅泙后
焼きあげφ18儖未任后
これがお店に登場すれば
ちょっと小さいね、なんて言わせませんぞ。
来年からお店に並びます。
1800円位にはなりそうです。
今日で今年の制作部分の仕事はおしまい。しばらくぶらぶら過ごします。

Posted at 2009年12月23日 20時31分29秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*