信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

深皿


スープなどに向いています。
2人前くらいのおかずにも向いていますね。
これの小さめタイプが根強い人気でときどき
補充に来られる方もいらっしゃいます。
今回大きめを作るにあたって赤ドットをラインナップに加えました。
お皿26僉■横悪僉■隠鍬僉
深皿16僉■隠貝僂肇織織虍弔砲茲
軽くて手作り感いっぱいのお皿シリーズがそろいました。
取り回しがよく毎日使えて料理が映えます。
画像は深皿16、1200円。

Posted at 2009年11月30日 22時11分58秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*