信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

信楽の秋


今朝の信楽の風景です。
墨絵のように日本してますね。
車内から通勤途中2号が撮影しました。
信楽は標高が300m以上あり盆地になっています。
冷気がたまりやすい地形です。
しかも内陸にあり当然海からの熱には影響をうけません。
川沿いでは朝方水蒸気が冷やされ霧が発生します。
最近は9時頃の出勤であまりきれいではありませんが、
お勤めをしていた頃は7時過ぎには信楽へ入り
この風景を何度も目にしました。
まるで旅行気分です。
紅葉はこんな気候でまだほんの一部でしか見られませんが、
11月初めの寒気で一気に色づくでしょう。
霧は無理としても、紅葉を楽しめる信楽へ
皆さんまたお越しください。

Posted at 2009年10月30日 21時46分21秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*