信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

新しい御院さん


くりの菩提寺の願証寺に新しい住職が誕生しました。
先代の長島先生とはよく麻雀をしました。
7年前にご逝去され奥様が代理を務められてましたが、
この度娘さんが第17代願証寺住職として就任披露をなされました。
まだ30代ではきはきとした話し方に好感が持てます。
朝から就任の式典、
正午に娘さんは葬儀のお勤めで一時退席。
その後引き続き報恩講が執り行われました。
夜にはまた御親戚のお寺のお勤めに行かれるそうで
なんともお忙しい新住職でした。
報恩講で法話をされた講師の方から
哲学者親鸞の深ーい思索の一端をお聞きしました。
因果に対する一般の人々の直感にそむく解釈は
新鮮に感じました。
暇な人は一度考えてみては。
この秋の夜長。

Posted at 2009年09月13日 22時06分35秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*