信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

蚊遣りしもぶくれブタ


ちょっとブタには見てもらえないかも。
ということで、しっぽをつけブタさをアピール。
口が大きく線香入れやすい。
バランスもよくぶら下げても線香は倒れません。
しもぶくれブタネーミングが変ですが、ほかに思いつかないので見たまんまです。
6000円。

虫について一言。
よく外の茶碗の中で憐れ干からびた虫さんを見かけますが、
今日もたまたま湯のみの中でもがくカミキリムシを見つけました。
外へつまんで出してやると、羽根を広げ飛んでいきました。
くりにはその訳が分かりません。
誰かファーブル先生もどきの方教えてください。
何で茶碗の中からは飛び立てないのでしょう。
離陸スペースが不足していて、虫国の法律では飛んでは違反になるのでしょうか。
くりはこれはパニクってるとしか思えないのですが。
パニクっていると言えば、窓ガラスや網戸での行動も
尋常ではありませんね。
後ろに飛べば済むのにと思いながら捕まえていちいち外へ放しています。
でも考えてみれば、虫を笑ってはいられません。
人、万物の霊長といわれるこの一見賢い生き物も、
結構虫と同じことをしていると思えます。
コップの中で、もがいているあなた、あの能力を使えるでしょ。
網戸でじたばたするあなた、後ろへ飛んでごらんなさい。

Posted at 2009年07月29日 21時15分15秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*