信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

日野祭りと桟敷窓アート


日野祭りが5月2日3日と取り行われます。
それに合わせて桟敷窓アートも開催されます。
残念ですが参加者が少なくさみしい催しとなると思います。
でもくりの家はいつもと変わらずお客さんにお茶を出し、
ゆっくり寛いでもらいます。
くりは両日日野にいます。
ただ3日の午前中は渡御行列に参加するため家にいません。
一文字笠の紋付き袴で綿向神社から約5キロ歩きます。
春の桟敷窓アートはそれぞれの家が祭りで忙しく、会場も少なく
参加者も少なく残念ですが、その分お祭りを楽しめます。
食事を出すところが少なく困られるのではと思いますが、
幸い檜の会のみなさんが800円のお食事を用意されるようです。
家に来られたら場所教えます。

Posted at 2009年04月30日 20時53分03秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*