信楽焼の器は重くて荒くてちょっと、と思っていませんか。くりの器は軽くて丈夫。飽きの来ない色合い、信楽焼らしい温かみをそこなわずに使い勝手を考えています。

とけい


遅れて登場。派手な時計。
ガラスの鈴木さんからもらい受けた余りガラスを文字盤に焼きつけたもの。
予定ではきれいに溶けてハートとかの形になるはずが、
とけたりとけなかったり、不揃いになり売るのはやめようかと思っていましたが、
在庫の数が残り少なくなってきたこともありやっぱり売ることにしました。
飾ってみるとこれはこれで結構面白いのではないかと思うようになってきました。

さて、気功の話ですが、
昨夜は気のDVDが信楽に行っていて見られず、仕方ないので
自分でその気になって寝ていたところ、
なんと先生の気無しで、自らの気で自発動が起きたのです。
これはまた大きな進歩ではないかと自信を持ちました。
すぐに他人に試すこともはばかられるので当分は自分の体を中心に
続けますが、気が熟したら他人へのアプローチもしてみようかな
なんて考えています。

Posted at 2009年04月25日 21時11分46秒

 
この記事へのコメント
トラックバック一覧



コメントを書く



== このコメントはサイト管理者による確認後に反映されます ==

== 半角英数字のみのコメントは投稿できません ==

*印の項目は必須入力項目です
*

*